2015年5月14日木曜日

2015.04.30 大阪Sakky'sサーキット訪問

ゴールデンウィークを利用して、久し振りの関西B級グルメツアーに出かけました。

私に限らず、関西以外の土地で暮らす関西人というのは不便。
最低でも年に1回は地元の肉と粉をチャージしないと、細胞から大阪成分が抜け切って死んでしまいます。


まあ下の画像と同じように、ご自分の人差し指の厚みを確認してみてほしい。
どれだけ分厚い肉か、お分かりでしょうか。
この焼肉屋は超有名だが別に行列ができるわけでもないし、この肉だって並ロース。


東京はうどん文化でなくそば文化の国だと思っていたが東京にはなかった、あつ山の蕎麦。
かつ丼も甘くない玉子とじ。





こういうのが Soul Food というものなんでしょう。
「懐かしいふるさとの味。これだよこれ!」みたいな次元では、もはやない。

細胞が欲するというか、吸収率が違うというか。

去年から趣味のダイエットを始めて以来、体組成計に毎日のっています。
大阪に着いた瞬間から腹一杯に肉と粉を詰め込んでいるのに、むしろ数値が大幅に好転していました。

関東と関西で、地磁気の違いがこんなに影響するだろうかと心配になるほどの違いです。
東京生まれ東京育ちのイガまで数値が変化していたので、そんなことを考えたのでした。

そして関西に帰ったら当然、摂津のサッキーズにも顔を出します。
その日は営業日ではなかったが、夫婦でお伺いする話をすると、快くコースをopenして下さった。
本業のほうでも大変忙しい人だが、有難いことです。

神戸Curoutoなきあと、関西でああいう雰囲気の32中級テクニカルコースといえば、ここしかないでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------
◆Pink-kar Bugatti
日時: 2015.4.30@大阪Sakky's Collections
車種: Bugatti type 59
仕様: ノーマグ+ウエイト、純正アクスル/ホイール/タイヤ(TRなし)    



スピードの乗り加減とブレーキのタイミング、クロスレーンとコーナーの連続するリズム、そして集電のムラまでも。
ここをジックリ走り込んだ地元レーサー以外では、そう簡単に攻略できないように出来ています。

そこがまた、面白い。
こんな楽しいコースを年に1回2回ぐらいしか訪問できないのだから、18秒未満でイッキに駆け抜けてしまうのは勿体ない。
せっかくのレイアウトを風景と一緒に味わいながら走るには、こんな戦前のレースカーも似合います。


これは2006年当時、RP恵比寿でブガッティパーティが開催されたときの参加車両でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿