2014年12月31日水曜日

2014.12 今年の走り納め

今年は暮れまで飽きもせず、夫婦でストック&ノーマグノーウエイトのカレラF1を走らせていました。

このクルマは今まで培ったレーステクニックを総動員しても、これ以上ないというぐらい走らせにくい。
しかし、それは元々の設計がそうなっているので仕方ないことです。

それでもストックで走らせたいのだから、そこだけは購入する前から諦めて覚悟しています。



何故そんなことをやって、遊んでいるのか。
あちこち行ってはこんな不人気車を走らせていると、やはりよく質問されます。

いつも上手く説明できないが「これを走らせたいから、走らせている」としか言いようがない。
好きだから好き、と言ってるのと同じことです。

女性でもクルマでも趣味でも同じで、好きになった理由など他人に分からせようと力説すればするほど、
だんだん恥ずかしい話になっていくものです。
分かる人は聞かなくても想像つくし、想像つかない人に力説するのは無駄以外の何物でもない。

あなたが見ていてもし何かを感じたとしたら、理由は勝手に想像してもらえば、それでよいと思います。
この歳になっても、他人のことを「本当に理解した」と言い切れるほどの正解などないのですから。

しかし、いくら走りにくいと言ってもホイールやタイヤ、ガイドやモーター、ギヤなどを交換したり改造して、
もっと走りやすくしたいとか速くしたいとか、そういうのは私が今やりたいこととは全く別の遊びです。

言いたいのは、本来そんな車がやりたかったら、Slot-itかNSRがあるでしょう。
カレラみたいな子供の玩具を改造してわざわざ出来の悪いSlot-itモドキやNSRモドキみたいな奇形を
造る必要はないし、それではカレラだって可哀想だと思います。

実際のスピードが遅くても、いいんです。
私たち夫婦の頭の中では時速300キロを超えてるから。

コースだって部分によってUKシルバーストーンだったりTXオースティンだったり、脳内で合成された風景が見えているんです。

スロットカーは極めてバーチャルなゴッコ遊びだと思っています。
いわばプロジェクションマッピングみたいなもの。

1/32のミニカーとコースに、知識と経験と思い入れで補正をかけた脳内イメージを投影できる人でないと、
実際のスピードに関係なくノーマル玩具でゴッコ遊びを楽しむなんてことは不可能だと思います。

あくまで個人の見解です。

2014年10月17日金曜日

2014.10 秋の日帰り旅行

群馬のホビーショップTOSCO、関越道の沼田インターから程近く、わりと分かりやすい場所にありました。
地図で沼田高校を目指していくと、ちょうどその向かいにある建物の2階です
2014年に新しくオープンしたお店と聞いたが、既に常連さんも定着しているようでした。

中には早くも、改造FF車に挑戦している方がいたり。
まあ誰もが一度は通る道ですねこれは。

作ってみればFF車というものへの理解が深まることと思います。そして実車とオモチャの違いもよく分かるはずです
実車では世界中でFF全盛なのに、なんでスロットカーでFF車は成功しないのかということが。

何でも実際にやってみて考えることにより、単なる知識が血肉をともなって理解できると思います。
同じように32スロットカーを始めたばかりの頃の自分を思い出し、微笑ましく感じました。

コントはデジタルが主流らしく、比較的高価な京商の無線コントも、既に普通に使われていました
しばらく様子を見て、レーン空いた時間帯でコースデビュー。最初はクセのない旧車で様子をみます

まずは自作系のハコスカGTR240Zで、路面の状態をチェック。
なるほど、いい感じのコースだな。。
しかし、もうちょっと速い車の方がコーナーの特性を探れそうかな・・・などと考え事をしながら

そして何気なく、ずっとケースに入れっ放しのNSRアバルト手に取ってみました。
酒々井SRCでも思い出したときに時々走ってみる程度の車ですが、走るたびに「そろそろメンテだな」と思う1台。
しかしハズレ車ゆえにイマイチ愛着が湧かず、いつも放りっぱなしの車でした。


数周ほど走ってみて、やはりどこで走っても同じように気持ちよくならないクルマだなと再確認。
アバルトから別の車に交代しようと思ったその瞬間。

おお、アバルトなら皆んな持ってますよ。レースやろう!」と声が掛かる・・・・・

・・・・・まあ好きでもないクルマを、頼まれもしないのに自分から出して走らせていたのだから、仕方ありません。

地元レーサー側からすれば、わざわざやって来た私たちがどれほどの腕かと、興味津々で見ていたことと思います。
そういう、目を皿にして様子見をしている時間帯に出してきたクルマがこれでしょう。
ハタから見たら、私がアバルトを気に入っていて自信もあるのだろうと思われて当然。

スロットカー遠征では常に、いきなり始まる他流試合への心構えが必要なものです。
お声が掛かった以上は、相手の仕様をあれこれ尋ねたり、言い訳をして逃げるのは失礼にあたる。
まずは黙ってありがたく一緒に遊んでいただくのが筋です。
しかるのち、どんな仕様かとかどんな経験を積んできたのか、などと話が弾むかどうかは戦い方と相手の
負けず嫌い具合と懐の深い浅いにより様々だと思います。

それなりにスパーリングのお相手ができたと思いますが、久し振りに大汗と冷や汗をかいて、爽快感たっぷり。
トスコの皆さん、ありがとうございました。

そのあとスケレBMWミニ、FLYGr.5とかクラシックFunCupビートル、SCXモーガン、NSUやらセブンまで色々走らせました。
そして、最近気に入ってあちこちで走らせているカレラのDTMF1も、やはりここで走らせたい。

今回DTMではなく、できればF1の動画を撮りたいと思っていました。
群テレ取材のトスコYoutube動画を見たときから、気分はすっかりF1バレンシアか、ソチか、ってな具合。

しかし、カレラF1で走り始めると、またしてもギャラリーに何やらザワメキが。。
背後から、ポツリと声が掛かった。
「それって、RBなにでしたっけ?」

むむっ、デキる。そして、よく見ている。
今のF1をよく知らない人にはサッパリ分からんだろうけど。

カレラは横着なスケレと違ってF1をちゃんと年式違いフォルム違いでモデルアップしています。
そしてフェラーリとレッドブルだけは毎年、前シーズンの型遅れで20111213年式と出ています。
RBとはレッドブルのことで、各年式の型式名がRB789です。

つまり、今走らせてるのはいつの年式のカレラF1レッドブルかと質問しているのです。
私が走らせている最新フェラーリのF138でなく、イガ師匠RB9質問なのは、残念でしたが。

振り向くと、メガネの向こうの眼光キラリと鋭いひとりの男。
それをキッカケに、他数名の男達にも取り囲まれ、質問責めにあう。

なるべく分かりやすく答える努力をしました。

 ・ 新旧様々なメーカーのF1を、私たち夫婦は2007年以降ノーマグで走らせ続けてきたこと
 ・ 2014年はノーマグノーウエイトに純正アクスルと純正タイヤが、自分縛りのテーマであること
 ・ ハズレない車づくりの追求よりは、ハズさない走り方のほうに、興味が引かれるということ。
 ・ 削ろうと削るまいと、タイヤができるまでには、やはり相当量の走り込みが必要であること

すると、また驚かされた!

まず、そこにいた地元のメンバーさん。
事前に約束していたわけでもないのに、3人もカレラF1を持ち歩いてるだけで充分な驚きでしたが。

F1といえばモータースポーツ世界のトップカテゴリーですからね。実際の車両自体も、かなり特殊。
ちょっと腕に覚えがあるぐらいな一般人では発進できないかコースで即スピンするような車です。

だから元がいくら子供のオモチャとはいえ、スロットカーのほうだって、おいそれと初心者でも楽に走れるようでは情けない。
たとえ遅かろうと、走らせるのさえ思いっきり難しいぐらいがゴッコ的には達成感あるだろうと思います。

「なので私が目指しているのは日本で一番キビシイ、カテゴリーです」という言葉に火が付いたか。
それで諦めるかと思ったら、やおら皆さん磁石をはずし始めました

なんという男たちだろう! こんな話の早い連中は、初めてです
見ていると、何周かいろいろトライしてみて、早くもタイヤを削り始めたカンのいい人もいます。

やたら気楽にトバしている車も1台ありましたが、たぶんカレラF1には磁石が2箇所あることを知らず、アクスル下の1個がまだ残っているのでしょう。
タイヤをトゥルーイングしてないノーマグカレラF1が、ウエイトも乗せないで最初からそんなに走りがよいというのは、大体そのパターンです。
本当に磁石を全部はずしたら、そんな気軽で簡単に走れるような甘いシロモノでは決してないのです。

見ていてあまりに走りがよいので、借りて走ってみたら、やはりそうでした。磁石って本当に有難いんですよ。これこそ文明の進歩なんです。

しかし、ここで私があんまり厳密に目くじら立てて、せっかくのノーマグ気分に水を差すのは野暮というもの。
いつか周りの気付いてるメンバーさんが、やんわり教えてあげればよいだけのことだと思い、黙っていました。

まずは皆んなでワイワイ遊んで、わざわざキビシイ車を作って走らせる面白さ難しさを知ってもらいたい。

トスコ皆さんは、なかなか楽しませてくれますね
そのあたりを、動画に撮ってみました。その場の楽しさが少しでも、伝わればいいな
---------------------------------------------------------------------------------
◆カレラF1
日時: 2014.10.12@沼田TOSCO
車種: Ferrari F138、RedBull RB9、ほか
仕様: ノーマグ、ノーウエイト、純正プラホ+純正ラバー接着TR(2)、ほか

2014年9月27日土曜日

2014.09 温故知新

大和のビッグバンは、たしか2006年頃にOpenしていたと思います。
唯一カレラコースを組んでいた巣鴨さかつうを別にすれば、当時バンプロ系32ウッドコースとしては最初に恵比寿があり、
そのあと港北、等々力、大和、東雲、銀座が近い時期に相次いでオープンしたため、正確にどこがどの順番だったかと
いうのは、コース設営したバンプロ以外では分かりません。

どこも全て現在進行形で体験しましたが、浦安から一番遠かった大和だけは、今年まで訪れる機会がありませんでした。
もともとSCJタイプ1というコースは港北ミナモにあり、さほど気持ちよさを感じないレイアウトでした。
だから、わざわざそれと同じレイアウトを走るために遠くまで行く気にはならなかったのです。

結局恵比寿や港北や巣鴨は姿を消してしまいましたが、今でも大和が続いているのは立派なことだと思います。
流れの早い業界では、いまや銀座、東雲と並んで老舗の1軒になったといってよいでしょう。

初めて訪問したときは、交通アクセスを調べるため事前にビッグバンのwebサイトを見て行きました。
プラコースの画像があり、走行イメージを想像しつつ訪問しましたが、実際に走ってみたら少し印象が変わりました。
ウッドのSCJタイプ1ではなく、カレラ製プラコースのほうの話です。

まず路面は、皆さんタイヤに気を使っているのか、しっかり乾いており変なテカリが出ていない。
これはいいな、と好感を持ちました。

何周か走ってみると独特のリズム感があって、それを掴めばキレイに走らせることができます。
こういうレイアウトのコースは、速さを追求して金魚走りをするよりも、気持ちよくキレイに駆け抜けたいものです。

言葉で表現するのはちょっと難しいので、コース紹介になるような動画を撮ってみました。

最近カレラDTMは全国的に人気が出てきたようですね。皆さん、意外と気になってたんでしょうか。
大和でも1日のうちに白M3を2台と白黄A5を1台見かけました。
こんなにあちこちのサーキットでカレラを目撃したことは、過去なかったと思います。
---------------------------------------------------------------------------------
◆カレラDTM
日時: 2014.09.23@大和Big Bang
車種: BMW M3、Audi A5
仕様: ノーマグ、ノーウエイト、純正プラホ+純正ラバー接着TR(2)



まだ大和に行ったことがない人にも、何となくコースの感じを掴んでもらえたらいいなと思います。

2014年8月24日日曜日

2014.08 夏の西方遠征

スロットカーを始めて今年で10年目となりましたが、自分でスロットカーの動画を撮り始めたのは、ようやく今年になってから。

今年の春に新生Bandiniを再訪したあと、改めて自分達の足跡を振り返る機会がありました。
そのとき膨大なジャンクを含むスロットカーの他には、思い出をカタチとして残してきたものがあまりにも少ないことに気付き、愕然としました。

たった10年足らずとはいえ、スロットカーに出会ったおかげで私たち夫婦は各地で沢山の人達と交流し、一緒に濃密な時間を共有してこれたのは、本当に幸せなことだと思います。
各地で出会った人達とはその短い出会いの時間の中で、一緒に走ってお互いに対する理解を深めあってきたし、同じ趣味の者同士なら、年齢や主義主張を超えて語り合いたいことが沢山あるものです。
気の合った人なら、過ごしたい時間が、いくらあっても足りないぐらいでした。

なのに振り返ってみると、記憶の中の膨大な思い出に比べたら、形として残っているものは、自分の作った車の写真や店舗ブログから気に入ったものを時々DLしておいた当時のレース風景などがほんのわずか。
あのころ隆盛を極めていた各地BBSでのやりとりでさえ、店舗閉鎖やプロバイダ廃業にともない、今となってはweb上にキャッシュすら残っていない惨状です。

当時はまさか、毎週末の熱く楽しかった日々が跡形もなくなるなんて想像してなく、それが永遠に続くと思っていたので、記録とかバックアップなど誰も力を入れてなかったのです。

これから先、今よりもっと歳を取れば私の頭も朦朧、記憶も曖昧になっていくだろうし、いつ突然にコントが握れなくなる日がくるかも分かりません。
いつかそうなった時でも、せめてあとで見返して「あの頃は本当に楽しかったなあ」と思い出を辿るよすがにしたい気持ちもありました。

そう思ったら、楽しく遊んだ経験を「ああ楽しかった」「いい思い出ができたな」なんて贅沢に記憶と時間の流れと気分に任せてしまうのではなく、やはり記録としてしっかり残しておきたくなりました。
スロットカーは走らせて遊ぶオモチャだから、やはり写真よりは動画のほうが相応しいという気がします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

神戸Curouto亡きあと大阪Sakky's Collectionsは何度も訪問しているが、動画を撮るような機会はありませんでした。
だから今年のSakky's訪問では、やはりこのコースで自分たちの走りを撮っておきたいと思っていました。

しかし行ってみたら今回は、ものすごい大盛況!
ゆったり腰を据えて「どんなアングルがいいかな・・・」なんて悠長にカメラを構えてるヒマは、到底ありませんでした。

仕方なく、今回の大阪撮影は諦めた。これが最後でもないので、また次回。
もちろんサーキット走行のほうは、いつもどおりチャレンジングで大変楽しく走らせていただきました。

<当日の様子はコチラ>
【Sakky★Bossさんのブログ】
動画撮影のほかにも、私たち夫婦の今年のSakky's訪問テーマは、大きく2つありました。

1)
ウエイトなし100%純正で仕上げたFLYクラシックが、大阪Sakky'sのコースで通用するかどうか。

2)
ウエイトなし100%純正で仕上げたカレラDTMが、大阪でも楽しく走れるかどうか。

どちらも純正タイヤを純正プラホイールと接着してトゥルーイングしています。
これは社外パーツを使わないでノーマグノーウエイトを楽しむには、基礎中の基礎となる調整です。

結果としては、どちらも快適に走らせることができました。

特に純正プラホ&純正ラバーのFLYクラシックがウエイトなしで、NINCO路面でハネたりもせず、まるでマグ車のようにスーッと
吸い付いたように走る姿には、その場にいた全員が驚嘆!
作った私自身も、これほどまで素晴らしい走りが可能とは期待していませんでした。

5月に難攻Bandiniを走ったときも確かにいい走りだと思いましたが、それでも大阪Sakky'sは神戸Curoutoの流れを汲むタイプの、
立ち上がり加速からスピードの伸びまで重視する中級テクニカルコース。

いにしえのCurouto仕様FLYクラシック、「ヘビーウエイト+足回り総Slot-it化」ならではの壮絶な走りを覚えているだけに、
今回のそれは大きな感動を伴う体験でした。

<ご注意!>
・サーキットによっては理由の如何を問わず、一律すべて「タイヤ削ったらレギュレーション違反」と見なされます。
・レースで遊ぶ人は基本的には常に、いつも走っている場所のレースレギュレーションに従ってください。
黙って勝手に他の人と違うことをやると、レースは勝ち負けの遊びなのでモメゴトのタネになります。

今回の大阪訪問で予定していた動画撮影はできませんでしたが、新たな収穫もありました。
比較的新しい常連のヨッシーさんとは何度か面識はありましたが、一緒にクルージングしたのは初めてだと思います。

既にレースデビューも果たしているので、やはり走り方は安心感があります。久し振りに、ちょっと楽しかったなあ。
やはりスロッター同士は、ただおしゃべりをしてるだけより、一緒に走りながらのほうが色々と伝わってくるものがあると思います。


---------------------------------------------------------------------------------
◆FLYポルシェ
日時: 2014.08.20@名古屋Slot Car Park
車種: Porsche 911【FLY】
仕様: ノーマグ、ほぼノーウエイト、純正プラホに純正ゴムタイヤを接着TR。

スロットカー以外にも大阪・神戸で数日間のB級グルメツアーを堪能したあとは、帰りに名古屋へ立ち寄りました。

今年はノリさんのSlot Car Parkが場所移転したので、新しいお店のお祝いを兼ねて、新コースを走りに行ってきました。

まずはイガ師匠に、様子をみていただく。
大阪では大混雑のため危なくてテストできなかった、例の「ほぼノーウエイト」のFLY911の走り。



いままでNINCOコースでFLYポルといえば、私はどうしても神戸Curouto仕様のヘビーウエイト+アルミホイールという印象でした。
もちろん、Curouto仕様というのは走りのためだけのアルミ化ではなく、荒れた路面で激しいレースを続けるためマシンの耐久性を向上する必要から生まれたものでした。

そのCurouto仕様の走りをよく知っているだけに、「NINCOコースで少ウエイトのRRは絶対まともに走らないだろう」という
先入観があり、大阪では混んだコースで皆さんの迷惑にならないよう、走らせませんでした。
ところが今回、名古屋のNINCOコースで初めて試した純正足回りの「ほぼ」ノーウエイト仕様でも、こんなにキレイに走れる
ことを知って超ビックリ!
まともに走らないどころか、そのあまりにも素晴らしすぎる挙動に感動し、編集はスローモーションを多用してしまいました。

もっとも、イガ師匠は超ベテランの911マイスターなので、誰でもこういう走りができるとは限りませんが。。。

イガ師匠のコメント
「うん。今回のコースは、前よりナカナカいいんじゃないの〜」

・・・どこまでも、師匠ならではのコメントでございます。
ノリさん、すいません。。

まあ旧SCPコースのサブマリン部分など、本家バルセロナPalauのコースもご存じな師匠だけに、軽〜いお言葉使いの
中にもやはり独特の深みというか経験の重みを感じます。

しかし、たぶんイガ師匠にしては最大級の賛辞。かなりお気に召されたご様子でした。
ノリさん、よかったね!


---------------------------------------------------------------------------------
◆カレラDTM
日時: 2014.08.20@名古屋Slot Car Park
車種: BMW M3、Audi A5
仕様: ノーマグ、ノーウエイト、純正プラホ+純正ラバー接着TR(2)

次はノリ店長によるチュートリアルで、私と一緒に走っていただく。



大阪でも快適に走れたカレラDTMは、ここ名古屋でも気持ちよく走ることができました。

あと、さすが名古屋だなと思ったのは、早くもノリ店長のカウンターに3Dプリンタ出力のカレラDTM用Slot-itシャーシが
置かれていたことです。

ABSライクの実物を見たのは私も初めてでしたが、ご厚意により実際に触らせてもらうことができました。
じっくりといじり回してみた結果、素材の強度やフレックスも実用上は全く問題なさそうと感じました。

またSlot-itらしい心遣いもアチコチに追加されていて、レース指向の強い設計になっています。

今後タイヤが消耗して足回りがダメになった時に、再び純正で作り直すか、このSlot-itシャーシを使ってアングル
ワインダーで作り替えるか、選択肢がありますね。

悩みの核心は、何でもかんでもSidewaysみたいな走りになってしまうことへの懸念です。
Flat6というモーターの、個性が強すぎるのかもしれません。

今回の名古屋訪問では、意欲的に新しい素材に取り組む姿勢がいかにも名古屋らしいなと感じました。
Slot-itのデジタルコントが出たときもそうだったが、やはり話題の新製品にイチ早く、実際に手を出してみるのは名古屋人。

いつも運良くそういうタイミングで名古屋に立ち寄ったりするので、私も新しい知識を実物で補強できるのは大変有難いことです。
海外からの情報だけならネットで早くから知っている人も増えましたが、やはり実物を手にとって確かめるのとは違います。

いくらバーチャルな世の中でも、そういうリアルの部分を抜きでは語れないアナログ趣味の世界で、出会った
方々と一緒に楽しさを分かち合ったり、驚きを与え合ったり、リスペクトを抱き合ったりして、長く楽しんでこれた
のは本当に幸せなことだと思います。

今年の夏休みも、そういう新たな発見や経験・体験を夫婦円満の糧にすることができました。
そしてまた、一緒に遊んでいただいた皆さんには今年も感謝です。

2014年8月7日木曜日

最近の到着品など。

また新たな不人気カテゴリを探して、他の人がやらなそうな苦労のタネを買い込んでみました。
純正アクスル&タイヤの地獄コンビがなかなか手ごわい、カレラです。

こないだ手に入れた2012年型DTMの走りが予想ほど悪くなかったことに気を良くして、同様のカテゴリとしてGT500を増車。
DTMの車両規定を導入する前の2008年型GT-Rだから、車体やウイング形状も違うが、好きなものは仕方ない。
ずっと買いそびれたままだったのを、2台セットで発見したので購入。

しかし、やっぱり勿体なくて走らせないかも。。。
もとい、浮気してないでDTMをもっと走らせて熟成させないと。

そしてNbF夫婦といえばハズせないノーマグF1のお題として、2013年型の最新カレラF1。

ノーマグカレラは、どんなに苦しくても可能な限り純正タイヤのまま走らせるのが今年のマイテーマ。
とはいえ、やはりアタマの片隅には「どれほど仕上がっても、所詮はカレラ」という意識があるのも事実。カレラのF1は、特にそう。

突き詰めて考えると不満だらけで嫌いになるので、ウエイト配分ほかシビアな調整に頭を悩ませたくない。
だから今のところはノーウエイトのままで走らせています。
タイヤが育つことを信じて、ただ黙々と、ひたすらに走り込むのみ。
ウエイトなしで走らせても無用にハネないところだけは、カレラコースの美点です。

----------------------------------------------------------
他には、ぜんぜん手ごわくない趣味のアイテムもいくつか入手しました。

こちらは、かなり昔の到着品だが発売と同時に本国オーダーしたSideways限定品の935-78サイケ。

最凶にカッチョイイが、走らせる気は全然なし。
走らせる車ばかりでなく、たまにはそういう買い物もしています。

あとは、今の旬といえばScaleautoの935-77と935Jでしょう。

これもFLYの935K3あたりと同じ普通のサイドワインダーなので、走りは充分に想像がつきます。
まあ急いで開封する必要もないか。。
同じGr.5とはいえ、どうせSidewaysと一緒のペースでは走れないでしょう。

いつかFLYのGr.5が脚光を浴びる日が来れば、一緒に走ってみるのもいいかも知れません。
こうやって、今すぐ走らせなくても購入しておくのは、すべて老後の楽しみと思っています。

2014年7月2日水曜日

先週のデータ取り:スケレ70年代F1と、カレラDTM

◆スケレ70年代F1
日時: 2014.06.28@千葉SRC
車種: McLaren M23、Ferrari 312T2
仕様: ノーマグ、ウエイト適当、純正アクスル+Slot-itアルミ+S1(2)

しばらく前からSRCのカレラコースで、どんなカテゴリが、どんな仕様だと「らしく」走って遊べるのか、色々なデータ取りをしていました。



私は32スロットカーをやっていて、速く走らせることが全てとは全然、思いません。
速さ重視なら、そもそも32完成車で遊ぶより速いものは、いくらでもあります。

私は32完成車の世界というのはそれよりもっと奥深いゴッコ遊びだと思っているので、せっかくF1を走らせるなら、他のハコ車とは明らかに違う挙動をさせたい。
いつも、そんなことを考えてクルマを作っています。

F1ならモータースポーツのトップカテゴリーにふさわしい難易度と、操縦がキマッたときの気持ちよさを両立させることができたら最高だろうなと思います。

     

これは6〜7年前の港北ミナモ時代から、ずっと夫婦で走り続けてきたスケレの70年代ノーマグF1。

純正タイヤは摩耗しホイールは何回も割れましたが、昔はスペアパーツが入手しやすかったので純正交換してました。
オープンホイールの宿命で場外に転落してウイングも折れたり割れたりしましたが、それは何度も樹脂や金属でリペアしました。

修理できなくなるほど何回もアームが折れたフロントアクスルは運良く入手できたスペアと交換しました。
今では純正リヤアクスルのシャフト両端のギザを削って、入手しやすいSlot-itのアルミとタイヤに交換してしまいました。
それでもまだ現役で走らせています。人間で例えると、骨折だらけでボルト入れまくり、満身創痍のヨボヨボじいさんです。

いいかげん新車でキレイに作り直したいですが、今ではこの2台もオークション相場では気軽に手が出せない値段になってしまいました。

---------------------------------------------------------------------------------
◆カレラDTM
日時: 2014.06.28@千葉SRC
車種: BMW M3、Audi A5
仕様: ノーマグ、ノーウエイト、純正プラホ+純正ラバー接着TR(2)

世界中を見渡しても、カレラコースでカレラ車両を走らせて盛り上がっているところが無いのは不思議なことだと思います。

しいて言うとドイツは、やはり本国だけあってデジタルとか多少の盛り上がりがあるようだが、ドイツ国内では他のヘンな規格もいまだに生き残っているので、やはり本国でのカレラ事情はちょっと特殊と思ってよいでしょう。
第一、盛り上がっているといってもノーマグノーウエイトに純正タイヤのままで大人が楽しく走っているという話は、さすがに聞いたことがありません。
聞いたことがないだけで、どこかにはあるのかもしれませんが、大体32よりプラフィット24が強い国ですから。。

イキナリそう言ったら語弊があるかもしれませんが、カレラ車両に対する世界的な認識は、マグ付きかインディグリップ、あるいはリヤ総とっかえ。そんな感じではないかと思います。
少なくとも私の経験では、カレラ車両の磁石を抜いたら、純正アクスル純正タイヤのままではどうしようもない印象でした。

しかし去年SRCで素晴らしいカレラコースを知ってからは、いつかカレラ純正タイヤでじっくりカレラコースを走り込んでみたいと思っていました。

私はBMWファンでも何でもないが、ある日とつぜんDTMの白いアナログM3が欲しくなって探し始めました。
M3の国内在庫は殆どのお店が黒のデジタル。今回はヤフオクや東雲で精力的に活動されているグロアップさんから、アナログのカッコイイDTM車両を購入してみました。



前後タイヤとも、まずは接着&トゥルーイング・・・で上の画像は1回目。
あまりにも気持ちよく粉になって削れるタイヤを、削りすぎてフロントサイドのレターが消えています。

イガのA5は問題なく仕上がりましたが、私のM3のほうは、ホイールのセンターリブが露出するほど削れてしまい失敗。
走りに影響なくてもプラホが路面と当たってガーゴーうるさいので、仕方なく世界中の在庫を探し、USAからM3アクスル&ハンコックタイヤを仕入れて、再び削り直しました。

削り直した純正タイヤで走ったノーマグノーウエイトカレラDTM(とNINCOの997が伴走)の動画が、こんな感じです。

     

まあ「カレラだから、こんなモノ」と思って走らせるなら、さほど大きな失望は感じないと思います。
私には本物のDTMらしい、全然ロールしてるように見えないアイロンのような挙動が気に入っています。

新車を簡単にパーツ交換しないで、まずは純正の可能性と限界をいろいろ探ってみるという遊び方が、今年のマイテーマです。
そんな自分への厳しい試練としては、カレラは最適かもしれません。
ただカレラで惜しいのは、国内にアクスル&タイヤ在庫が少ないことです。

まあカレラをノーマグノーウエイトで走らせようという時に、インディほか社外タイヤが沢山あるにも関わらず、頑なにわざわざ海外から純正アクスル&タイヤを輸入して何回も作り直すような変人は、世界中でも私の他にはいないかもしれません。

夫婦そろって「簡単によく走るクルマだと超ツマラナイ派」なので、こればかりは仕方ないことです。

ただ何度も言ってますが、私たち夫婦の走りだけを見て、私の真意を知らぬままノーマグの車作りだけ真似をしても、ちっとも楽しい車にならないので、本当にやめたほうがよいと思います。
他人とレースをする人には、向いていない車作りだからです。速さを求めているわけでは全然ありません。

他人のレース車両まで全て性能を揃えて作れるような達人なら、私が何を言ってるか分かるかもしれません。
私のやり方は、速さのためではなく気持ちよい走りのためだけに、お金よりは膨大な手間をかけているだけです。

いまは色んな社外パーツが豊富に出回っている恵まれた時代だと思います。
だから買った車がちょっとでも走りが悪いと、すぐパーツを交換してギンギンのチューンドカーにすることは、むしろ簡単。

しかし、まずはパーツや磁石なんかいじってないで自分の腕を鍛えるとか、純正部品のままでも調整を工夫してみるとか、私は1/32のスロットカー遊びというのは、そういうのが本筋だと思っています。
はっきりいって、古い人間です。でも、もっと古い頑固な先輩から見たら私なんか、かなり「軟らかい」ほうですけどね。

モノでも人でもすぐに「使えない奴!」とバッサリ切り捨てる社会より、もっと対話できる社会のほうが幸せなんじゃないでしょうか。
最終的には諦めてサジを投げるとしても、やはりそれなりにアレコレやってみなきゃ深いところは分からないと思うし、そこまでトコトンやりきるには、ある程度の時間だってかかるものです。

しかし時間をかけて付き合っていく過程で、自分も何かを発見したり教えられたり気付いたりすることだってあるし、ヒトやモノとのそういう向き合いをたくさん積み重ねることで、自分より外側の世界に対する理解や愛情がより広く深くなっていくのだと思います。

私は、そういう人間です。

2014年6月14日土曜日

先週の3人。

日時: 2014.06.07@千葉SRC
車種: Porsche 908
仕様: ノーマグ、ノーウエイト、純正プラホ+さかシリ(1)、純正プラホ+純正ラバー接着TR(2)。

正直いってFLYクラシックは、恵比寿が閉店して以来まったく走らせていませんでした。
このカテゴリーはレースというよりゴッコ遊びだから、気の合う大勢の仲間と一緒でなかったらツマラナイ車だと思っていたからです。

去年末にタイヤトゥルアーを手に入れ、たまたまクリスマスプレゼントにFLYキットの908をもらいました。
製造ラインのおばちゃんの代わりに、今の自分の技術でイチから理想のFLYクラシックを組んでみたくなりました。

完璧に設計どおりの純正を目指して、ボディの組み立てには接着剤を使わず全て焼き留めで。
フロントの独立アクスルはホイールをとめる軟質樹脂のピンがゆるむのを嫌って、オイルすら使わない完全ドライで。

いつまでもクニクニやってるとピンが曲がるしハメ合わせも緩くなるので、ホイールにピンを刺す前に、まずは精神統一。
エイ!、と気合い一発フロントホイールにピンを刺したらクリアランスは、クイクイっと1発2発ぐらいでキメ。


完成してみたら、大勢でゴッコやらなくても気持ちよく走れる車になりました。
45年ほど昔の軽いスポーツプロトなら、こんな走り味だったかもな・・・と当時の実車を偲ばせる挙動。

FLYクラシックのポルシェ908、いつもの時間帯のいつもの3人、クルージングの風景を撮ってみました。
今回はカメラを手持ちでなく視点をFIXにして、定点カットをあとでつなぎ合わせる練習でした。

     

2014年6月7日土曜日

先週のレーシングスクール。

日時: 2014.05.31@千葉SRC
車種: Porsche 911
仕様: ノーマグ、F小ウエイト、純正プラホ+純正ラバー接着TR(3)。

FLYポルシェ911でのチュートリアル風景を撮ってみました。

まったりペースで走っていてもFLYポルシェは実車同様のRR。
だから頭で考えながらスポーツドライビングを練習するのに丁度よいと思います。

スローモーションのリプレイは、問題の発見と改善に役立つかもしれません。

     

2014年5月26日月曜日

先週のNbF。

日時: 2014.05.24@千葉SRC
車種: Porsche 917K, 908スパイダー
仕様: ノーマグ、ノーウエイト、純正プラホ+さかシリ(1)、純正プラホ+純正ラバー接着TR(1)。

今回イガ師匠には、カメラマンをやってもらいました。
私は生まれて初めて、MacBookProのiMovieを起動してみました。
いままでiPhotoすら使ってない原始人だったのに。。。

いまのSRCは、こんな感じのサーキットです。

     

広いサーキットなのでスピードが分かりにくいかもしれませんが、これでも直線ではモーターが完全に吹け切っています。
ガードレールの少ない平面的なレイアウトのおかげで、大変のびのびとした走りを楽しむことができます。

あとはせめてコースの台に鮮やかなグリーンのカーペットだけでも敷き詰めてくれたら、言うことないのだが、まあ他人所有の個人サーキットですからね。
他人が用意してくれたものが、何から何まで理想的ということは、まずないものです。



スロットカーの動画を撮り始めたが、しばらくは修行が必要そうです。
youtubeにチャンネルを作ってみました。

https://www.youtube.com/user/NightbirdsFly/videos

2014年5月23日金曜日

先週のイガ師匠。


日時: 2014.05.17@千葉SRC
車種: Porsche 911【FLY】
仕様: ノーマグ、ノーウエイト、純正プラホに純正ゴムタイヤを接着してトゥルーイング。
 


いや、よく考えたら100%完全にノーウエイトとは言えません。
RRの911には発進時のノーズアップ緩和のため、ガイドポストとフロントアクスルの間に小さいウエイトを乗せました。

リヤのトラクションを稼ぐためのウエイトではないため勘定に入れていませんでしたが、100%完全なノーウエイトではないことを、ここにお断りしておきます。

2014年5月13日火曜日

第二章、始まる。

2013年の冬から、千葉は酒々井のSRCというプライベートサーキットで走っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/r35z33nismo

SRCはショップではなく個人が趣味で主催しているクラブサーキットなので「一見さんお断り」ということのようです。上記Y!ブログからオーナーさんに直接連絡を取ってみるのがよいでしょう。
---------------------------------------------------------------

SRCはカレラの広大なサーキットです。

いままで私はカレラのコースを走っても、特別に気持ちよいとかいう印象は全然ありませんでしたが、SRCで走り始めてから認識が大きく変わりました。

とにかくここは、走りやすいことが何よりも素晴らしいと思いました。

走るための環境として、ガイドがひっかかったりつまずいたり予期せぬ前転や横っ跳びなどしないで、ウッドコースとほぼ同じような快適さで気持ちよく車を走らせることができる、という意味です。

巨大なサーキットで車の性能をフルに出しきって思いっきり走りを堪能できる、そのこと自体の爽快感があります。
しかしコーナーをギリギリまで攻める難しさは、環境的な走りやすさとはまったく別の次元の話。

総延長は約60m。決してタイトに詰め込んだインフィールドではなくこの長さがあるので、かなり大きなコースです。
20〜25Kクラスのモーターでも吹けきる10m程度の長いストレートが奥に2本あり、ジャンピングスポットやシケイン、スネークのRがほどよく連続するリズムがよい。

(※このphotoは旧レイアウトです。現在は上記説明のようなレイアウトになっているのです。)

いままで大嫌いだったスネークが、ここSRCでは気持ちよいリズムを生んでいる。
ここで練習したおかげで、5/10@BANDINIのスネークも楽しむことができました。
さんざん抜けて苦しんだけど、それとは別の次元で楽しかった。。
あれは、変拍子なんですかね。

SRCを走るなら、たいていのクルマはノーマグ&ノーウエイトで充分。
もちろんノーマルホイール&タイヤであればトゥルーイングが非常に有効です。

昔からカレラコースにはIndyをはじめとするシリコン系タイヤが相性よいが、スケレやFLYの純正ゴムもかなりイケます。
私はシリコンよりは、こっち派。
去年末にタイヤトゥルアーを手に入れてからは特に、FLYの純正ゴムのポテンシャルには正直、ものすごく驚いています。

今は亡き「さかシリ」に負けてないどころか勝っている、と言ったらどれほどスゴイことか、分かる人には分かるのではないでしょうか。

もちろん誰もが簡単に、とは言いません。さかシリ級の超グリップタイヤに勝とうと思ったら常に、ちょっとしたコツが必要です。
さかシリを知っている人も減ってきましたが、今で言えばMaxxTrac級ということです。
---------------------------------------------------------------

ある日そんなSRCでFLYトラックを走らせて遊んでいたら、とうとう私の9年物SISUの、フロントホイールのハブが粉々に砕けてしまいました。

今までマスキングテープや糸でぐるぐる巻きにして瞬着で固めたりしながら修理し続けてきましたが、とうとう粉になってしまってはお手上げ。

長年使ってきたこのホイールに合わせてアタリの出てきたタイヤも諦めて、パーツ交換します。
ヤフオクで探してみたら、ootayaさんにありました。SISUのフロントアクスル。

その取引連絡では太田親分から「久しぶり!こんど5/10にバンディーニサーキットとして再出発レースをやるから、よかったら来てよ」とのお誘いが。。

いただいたFBアドレスを覗いてみると、元々Bandini路面店だったほうをサーキットにして、その名もBANDINI VECCHIO CORSO、だって。。
https://www.facebook.com/BVC.AVANTIME?fref=photo

新たに再出発するサーキットの名前を、わざわざ「オールドコース」とはね!
32スロットの老舗Bandini以外では、なかなかこれは名乗れないよなあ。。
しかし、そこには太田親分の意気込みもやはり、あったのではないか。

そう思ったら、確かめずにはいられなくなった。
待ってろよ、富士山!
---------------------------------------------------------------

大変お日柄の良かった5/10(土)、SRCの鈴木オーナーと一緒に聖地へ行ってきました。
浦安で待ち合わせて、鈴木オーナーのファーストクラス・プライベートジェット4輪にて。
道中、オーナーいち押しのYAZAWAライブDVDを爆音で鑑賞しつつ。あっという間に2時間ほどで到着。


さっそくコースを検分する二人。
「ふんふん、なるほど。。1コーナーは意外とスンナリ鼻が入ってくれそうだな・・」
「お、ここのスネークは見た目と違って一筋縄ではいかなそうだぞ・・」


とりあえず普段のパーマ3ピンコントがブレーキ無し2ピンで使えることが分かりホッとする。
この時点では通電確認程度でまだコースを攻めておらず、全員こんな余裕の表情が。

さて、走らせてみるか。どれどれ・・・。

板「あちゃー!あんなところでもハズレるぞ。。」
鈴「しまった!また、やっちゃったー。。。」

だんだん笑顔が消えていく二人。

すっかり真剣モード。

追いかける!

こんな感じで。
LINE動画は、画質がえらい荒いですね。赤が私、白が鈴木さん。
video


しかし、キビシー!
こっちは普通の携帯カメラ動画。
Bandiniはブレーキ回路がないので、長い直線でいい気になって調子に乗っていると1コーナー、いきなりのヘアピン突っ込みは恐怖以外の何物でもありません。
video

コース脇にはピックアップ用のマジックハンドがあった。
間違いなく、これの出番があるな。。
・・・うっ、掴んだらそのままロックしやがったっ!
このタイプは確かグリップの上にスライドロックがあってね、たまにロック側になってたりすると握ったときに・・・・何っ、スライド部品がそもそも無いだとっ!
(ちゃんとひらいて戻しておきましたよ)

いくら真剣な顔をしたって、ちょっと流してみた程度ではとても攻略できそうにありません。

これはもう、お手上げやでっっ!
いっそ悪あがきは、ヤメじゃい!

そんなことより、せっかくの聖地訪問だからコースの記念撮影しておこう。





だいぶ陽も傾いてきたな。。
腹へってきた、なんか食べにいきましょう。
はま寿司で腹を膨らませたあとは、お茶をしに一路、近所のアピタにミスドを発見し、向かう。

さて、そのあと約束の20時までは、あっという間。
いよいよ、新生Bandiniの2014年シリーズ第一戦が始まる時間だ。

AVANTIME 2014 Round.1「70’s LEMAN」
レースディレクターは、べるらん大佐さん。

まずはエントリー順で予選開始。太田親分が1番手。
うっかり2番手は私。
なーんも考えてないでエントリーフィー忘れないうちにと早めに払ったら私、イガ、鈴木さんの順でいきなり千葉SRCチームが続いてしまった。
ま往々にして、よくあることです。心の準備ができてないのに本番が始まってしまう、なんてことは。

予選後は、レース開始前に参加車両のラインナップ撮影タイム。
見よ、聖地に相応しきこの壮観!


キッカケはSISUのフロントホイールが砕けたタイミングが良かっただけとはいえ、たまたま新生Bandiniの第二章、その最初のレースにいま私が一番大切に思っている二人と一緒に立ち会えたことは、やはりスロットの神がいるのかと感じることがあります。

Bandiniの皆さんとのレースは、非常に素晴らしかったと思います。
一緒にレースを走ったときも、マーシャルをしているときも、楽しい思い出になりました。

他所の年間シリーズ戦をジャマしているのだという緊張感は全くなく、ただただ攻略が難しいコースに対する緊張感だけを感じていました。
自分で走っているときは毎周回が自分との戦いでしたが、その課題は最後まで克服できないまま、あっという間に私のAメイン120周レースは終わってしまいました。

本当に、素直でないコースだ。
だからこそ、燃える。
難しければ難しいほど、克服できた時の達成感はさぞ大きいことだろう。

それでこそ、聖地Bandini。
男が挑む山は、峻険であればあるほど、よいのだ。
そんな気分にさせるコース、他にはちょっと見当たらない。