2017年5月15日月曜日

2017.04.29〜05.04 夫婦のゴールデンウィーク旅行


今年のGWはまたB級グルメの宝庫、関西方面に旅行してきました。

< 2017.04.29 >
移動初日から好天に恵まれ、屋根をあけて出発。
名古屋あたりで一時的な小嵐に遭うまで、高速道路でも気持ちよく走ることができました。

古いドイツ製5リッターV8の走りは、例えるならば、まるで鋼鉄製の空飛ぶ絨毯。
そんなアラビアンナイトのお伽話を彷彿とさせる、古典的でロマンティックな乗りものです。

5月の陽光を存分に浴び風を思いきり楽しみながら、暖かい幸福感に浸っているうちに、あっさり大阪へ到着。
まずは1/32模型世界の多趣味人、TR4Aさんのお宅へ向かいました。
https://blogs.yahoo.co.jp/jimonkenkouin

TR4Aさんとは、むかし恵比寿のRPEで出会って以来ですから、かれこれ11年ほど経ちました。
そのワイドオープンかつ明朗、繊細かつ豪快な人柄が、たいへん魅力的な人物です。

今回のお宅訪問では数々の作品をナマで拝見し、とても魅了されました。

ディオラマを見ると、我々1/32スロッターにも見慣れたピットフィギュアたちが、ここでも和んでいました。
TR4Aさんの作風で不思議なのは、オイル臭たちこめるサーキットの喧噪というより、ここはまるで昼下がりの農園のようです。製作者のお人柄が現れるのでしょうか。

聞けばTR4Aさんはレーシングカートなど実際に走らせるほうの腕前も相当なもので、決してナゴミ系一辺倒の人ではないのです。
なのにモケイを作らせたらこんなに英国的な薄曇晴天かつ平和な休日アフタヌーン感が強く薫る作風。
こういうのが各地の趣味人と出会う面白さで、皆さんそれぞれに興味が尽きない深さと幅があります。
そこが面白くて、やめられない。

そしてこちら、国内モケイ界の一部で大変有名なKUNI'S GARAGE。

このファサードは私が30年ほど前MG-Bが欲しかった頃よく覗いていた英車屋に似てるなあ、たしか桃山台あたりの店名えっと何だっけな・・・なんて言ってたら、すかさずTR4Aさん「○○でしょ!実は私のトラ、あそこで買ったんですよ」とのこと。
・・・なんたる奇遇。似ているわけですね。

いまでは残念ながら件の英車屋さんは廃業。なんと跡地はクルマと縁もゆかりもなくラーメン屋になってしまったそうです。
・・・げに時の流れは悲しき。。

ひとつひとつのクルマやガレージ作品を作り上げる過程のそれぞれに思いを馳せながら、とにかく「手まめである」ということがモデラーの資質なんだと分かりますね。

イガ記者の取材にも、熱が入っていました。

いやー、スゴイ!
知っている完成品も、ナマで見るとまた新たな発見がありました。
これらの一つひとつに、それぞれの苦労と工夫の積み重ねがあったことを思えば、感動もひとしお。

そこに見えるコダワリの世界に、刺激をたっぷり頂きました。


< 2017.04.30 >
明けて30日は通常営業の南摂津Sakky'sサーキットへ、いそいそと向かう。
亡き神戸Curoutoの流れを汲むテクニカル系のレイアウト。こういうリズムで走るサーキットはもう、今はここしかありません。

今回一番楽しみにしていたのは、むかし恵比寿RPEのマグ車レースのシリーズ戦でガチャガチャに壊れて全損廃車となり10年以上放置していたM3とか、何をやってもよく走らなかったハズレの365デイトナなどを、最近やっとノーマグ仕様で純正レストアしたのを、とにかく走らせたかった。

味わい深いハンドリングのFLYのFR車を、NINCO路面で走らせたくて仕方なかったのです。

なぜか。

これだけは10年以上前から現在に至るまで悲しいことに、私たち夫婦が普段の週末に走らせている首都圏のサーキットはスーパーフラットなウッドコース路面やカレラ路面ばかりで、正直、走らせること自体はノーマグでさえ簡単すぎて物足りないのです。

誤解されたくないのですが、普通だったら、路面が平滑でコーナーRがゆるめで走らせやすいことは、何ひとつ悪いことではありません。
ただ私たち夫婦が長年いろいろなサーキットを経験し過ぎたせいで、激辛マニアの舌みたいになってしまっただけです。

だからそんな場所では色々と無理をして、走らせにくい仕様を考え出しては、たとえば純正プラホ+純正ゴムタイヤ限定!とか、クルマによってはウエイトなし!など、縛りを課して、走らせるのが難しいクルマをわざわざ作って、それをキレイに走らせつつ限界バトルをする、というようなことをして遊んでいます。

Sakky'sでは、ちょうど車両調整中のクマさんと、車両製作中のミヤちゃんがいたのでM3で一緒に流して遊んでもらいました。
マイケルさんのZ4は、さすがイマ車。こういう違いも実車らしく、丁度いい感じでした。

巨大なバンキッシュは新たに在庫から出してきたが遅くて仕方ないので、モーターを替えてみました。

そこそこ気持ちよいスピードになりましたが、相変わらずビミョーなクルマでした。
ま、悪いけどVMG社が倒産するのも無理ないかな。。

それともう1台、最近つくったFLYの917/10。これも走らせたくて、たまりませんでした。
FLYの比較的初期の製品で、意味不明なFアクスル支持方法とガタを出しにくいバスタブシャーシで不人気かつ、走らせにくいと悪評の高かった1台でした。

私は特にカンナム好きというわけでもなかったし、市場での相場も不人気者のわりには高め安定。
だったら尚更わざわざ買う必要もないな・・・と、ずっと興味が薄いままでした。

ところが町田RPMBで最近お知り合いになった川鍋さんが917/10のJägermeisterを購入したのを機に、間近でじっくり見せてもらって、えらく気になったのでした。
70年代という、いかにもレースカーデザインの過渡期らしいヘンな造形が、なんだか意外とカワイイんではないか?と。

フロント半分は掃除機みたいなカッコ悪い形で、リヤ半分はカクカクボディなのに丸いオバフェンが、これもヘン。
いわゆるブサカワっていうんですかね。こうなればもう、アバタもえくぼ。

ただ、とにかくFLYの917/10が不人気車であることは事実なので、どこがどうタイヘンなのか確かめてみたくなり、夫婦用に2台購入してみました。

初期FLYのスペイン製品らしさ、不必要なところまで凝ったディテールが泣かせます。
リヤウイングのリップなんか一発で飛びそうな点留めだったり。こんなもん浅い折りの一枚板でいいのに。。
カタツムリの触覚みたいな長いミラーは・・・できるだけコケないように気を付けて走ればOKでしょう。
そういってSRCのAlfa33TT12の長ーい純正センターミラーはポッキリ折った前科アリですが、それだって難なく修復して復活させましたしね。

スロットカーで折れた細いプラ足なんか、どんどん金属芯を入れてやるなり、金属線に替えるなりしてやればいいんですよ。
金属線の扱いなんか、切りっぱで露出さえしなければ、コースだって傷むはずがありません。
だから修理や調整・改造なんかはマナーとして、コースを共有する他人のことまで考えて、きちんとケアしましょう。

ちなみに私のVaillantはシャーシのアクスル受けが割れており、接着しても剛性が低くピニオンとスパーの距離が一定に保てない不良品でしたが、ウエイトも載せてないわりには、それなりによく走っていると思います。

一番目立つボディの横腹がパカパカするのだけは我慢できないので、バスタブシャーシは切りましたが、いつもの100%純正仕様です。
イマっぽく言えば、スーパーノーマルって感じですかね。シャーシが不良品なので、それほど自信もってイイ出来とは言えませんけどね。

この音だと、いずれスパーがナメることが分かっているので、次はどういう仕様にしようか考えるのも楽しみのうちです。
でも、純正のアクスルセットでなくスパーギヤだけのストックを持っているので、それに打ち替えて、また純正で修理するかも。

ちとCan-Amカーにも興味が出てきたので、いずれCarreraの917/30も手を出そうかな。。


< 2017.05.04 >
5/3に再びSakky'sを走ったあと、翌日はノリさんの名古屋スロットカーパークに向かいました。
今年も松阪エレノアの中山さんと落ち合って、いろいろ一緒に走らせてみました。

中山さんのお友達の牛田さん親子も合流し、みんなで車種や速さなど全然関係なく、好きな車で一緒に流して遊んで頂きました。
こういう「こだわらない」感じがまた、なんとも名古屋らしいと思っています。
東海エリアはレースそのものも非常に盛んな土地ですが、そんな垣根を越えて「まあ、いいじゃないですか」というラクさが名古屋スロット文化の懐の広さかな、と思います。

1/32スロットカーの文化としては静岡Bandiniと近くて最古参の部類だし、色々さんざんやり尽くしてきたから、いまはラクに遊ぼうよと、そういうところもスペインみたいな「全盛期を過ぎた大国」を思わせる、余裕かつワビサビの境地。

やたら居心地のよいサーキットで、また長居してしまいました。閉店後、中山さんとアフターも楽しみ、トータルで今年も大満足のGW旅行でした。

遊んで頂いた皆さん、大変ありがとうございました。

2017年3月28日火曜日

Old days 1

外部HDのストック画像を整理していて、懐かしいものを発見しました。
撮影日付を見ると今から3年前、2014年2月のBanproでした。



雪景色の山岳コースみたいで、世界でも他には見かけない、寒そうな雰囲気が大変気に入っていました。
山岳パートから下りてくるとコース中央部分は狭い平場になっており、チャカチャカと細かい折り返しが続く、その部分はあまり面白くないレイアウトでした。
全体を通してジオラマ的に眺める遊びと思えば、公称14000~16000rpm程度のモーター(NC-1クラス)に丁度よいコースでした。

その後、山肌など塗装をされて完成すると、サファリラリーのような汚い茶色の世界になってしまい、すっかり興味を失ってしまいました。
白銀のままでよかったのに、残念なことです。

似たようなアングルで申し訳ありませんが、ヨソにはないと思うので、残りの画像もアップしておきます。