2016年8月7日日曜日

Secret project MTR

The cars built for my wife and me has almost completed.
I originally ordered as station wagon based fantasy racer.
But it was very difficult for meister. So I gave it up and changed my plan.

Anyway, they are the world first 1/32 volvo 240 turbo slot cars.
Now I can't wait their arrival.




 ◆ They arrived at the end of August ! 

They were too fast as usual, so I made them slow at low voltage.
I attached a movie, and hope you'll enjoy it.


2015年6月27日土曜日

2015.06.20~21 大阪Sakky'sサーキット訪問

当日のレース報告については、大阪Sakky'sとメンバー各氏ブログで既報のことと思います。

こちらでは、いつものNbF目線で歴史を含め、スケレMINIへの思い入れをじっくり語ってみたいと思います。
実車は古くて小さいオリジナルミニのほうが断然好きですが、スロットカーはBMWミニのほうが走って楽しい。

私にとっては2006年の恵比寿MINIワンメイク以来ですが、この車では大体5年ほど走ったでしょうか。
スケレらしくメンテナンスフリーのままで、いつまでもよく走るクルマだなと思っていました。
ミニの走りが気に入ってずっと走り続けてきましたが、たまたま長生きしただけかもしれません。
ウッドコース主体で走らせてきたので、タイヤも減りませんでした。交換したのは5年で2回ほどと思います。

純正ラバーは当時(今も、か・・・)、国内には流通しておらず交換タイヤがありません。
当時の新製品スケレスポーツの何やら微妙なタイヤを履いたこともありました。
しかしミニ専用のくせにサイズが合ってなく、ブカブカした靴という感じでした。
素材もシリコン成分が多く、腰砕けなグリップで、いい思い出は一つもありません。

ただ唯一のとりえは純正ラバーよりハイトがあり、スパーが地面を擦らないことだけでした。
そう。スケレミニの純正ラバーはハイトがないので、ウエイトを積んでノーマグで、イイ気になって
NINCOコースなどを走っていると、あっという間にタイヤが摩耗してスパーが接地、まもなく走行
不能  放置、となるお決まりのパターンがあります。

これは昔も今もBMWミニに付きまとう、唯一にして最大のウィークポイントです。



恵比寿がなくなって以降、私たち夫婦は特定のサーキットやショップの公式レースから遠く身を引きました。
色々な店の公式レースというのは、実際のところ一部の人の都合に合わせてレギュレーションが決まっているもの。

私から見ると、そこをイジッてはイカンだろうという部分が交換可だったり、それよりもっと肝心な部分が禁止されていたり。
替えてはイケナイ部分と最初から替えてしまったほうがいい部分の匙加減を見れば、作り手の考え方が大体分かります。

レースはレギュレーションによって面白い/ツマラナイが左右されるものですが、そこに無頓着な人が増えたように感じます。
もちろん、個人の主観です。

私の目線から言うと、レースに出なくなって何より良い点は、そういう他人都合に合わせなくて済むことです。
好みでもない車を「みんなでシリーズ戦やりますから」などと言われ、仕方なく買ったのに結局開催されなかった、
などという悲しい目に遭うこともありません。

どれがどのクルマより速いとか遅いとかは、私は実車のレースカテゴリや車格に合わせて性能調整をして走らせたい。
クルマ好きの一人として、やはりそれぞれの車種には、それぞれに相応しい走りというのがあると思っています。

実車の世界では大した活躍もしなかった車が、スロットカーの世界でやたら速かったりするのは興醒めなことです。
そういうのは実車と同じように、やはり気難しかったり遅かったりするほうが絶対よいと思っています。
そして実車同様「そんな車だが、どうしても好きでたまらない」という人だけが、改造車で好き勝手にやればよいと思うのです。

実車は遅いけど好きだからと無茶な改造をやるから痛快だろうに、それが例えばNSRみたいに最初から速かったら
チューナーだってつまらないでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------

次のミニは2012年頃、夫婦バトル専用車として新しく作リ直しました。
モーター個体差などの違いは、私が乗り手を理解して組み直すのだから、夫婦2台分ぐらいなら合わせられます。
なにしろ10年もやっていればスケレのストックモーターなどは、山ほどあるのです。
もちろん車両に付いてないジャンクBOXのモーターなんかは、ハズレばっかりですけどね。
別にレースで他人とコンマ何秒を争うわけではなく、夫婦の2台だけが同じスピードで走れればよいだけですから。

この時の2台は、私たち夫婦だけで気持ちよく際限なくバトルできるよう作った、理想のミニでした。


他人と競うことは一切念頭にないので、この車は転びにくさを優先してかなり重く仕上げていました。
速すぎてコーナーでテールが滑るなら、滑らせないようにゆっくり回ればよいだけ。
実車だって、そうでしょう。

徹底的に周囲とは関係なく、そうやって2人だけが同じ条件で走る。
世界中のどこへ持って行ってもラップタイムとは完全無縁に、夫婦2人だけで遊び続けられるように。

外の世界とは隔絶された、そこは楽園。
ほかの誰にも、邪魔されない世界。
--------------------------------------------------------------------------------

そんな愛の劇場シリーズとは全く別の話として。

先日来、大阪Sakky'sのブログからはスケレミニのレースを開催予定という情報が発信されていた。
それを聞いたら、スケレミニ好きとしては、じっとしていられない。

聞けばウエイト調整でトータル重量100g、その他は丸っきり純正のままでいいよ、ということだ。
今まであちこちで走らせてきた理想ミニは、レギュレーションに合わないので使えない。

理想ミニと同じリバリで、新車のようなピカピカの大阪用フル純正ミニを、もう1セット仕立てました。


こちらの赤青セットカーは確かディスクガイドの第2世代と思ってましたが、届いたときは青ガイドの初期シャーシがついていました。
そのかわり、セットカーには付いてないはずの前後ライトが付いていました。
中古を買ったのですが、たぶん元の新品シャーシは本国で別のミニレース用に丸ごとシャーシ取りされたのでしょう。
かなり使い古されたシャーシでしたが、ボディだけは新品でした。

付いてきた第1世代シャーシは2台とも、中は犬の長い毛やカーペットの繊維が固く絡まりダンゴになっていました。
前後アクスルも回らないほど巻きついていましたが、中古車を買ったら、こんなことは当たり前だし普通のことです。
軸受けやモータマウント、ガイドの根元などプラ部品が割れていないだけ、まだラッキーと喜ぶべきでしょう。

黙々と完全にバラしてアルコールで消毒し、ぬるま湯と洗剤とピンセットと歯ブラシで完璧に掃除して組み直します。



完成した大阪ミニにウエイトを貼り、千葉SRCで走行チェックしてみました。第1世代のシャーシでも特に問題なさそうです。
そしてさっそく先週末、大阪のSakky'sへ飛びました。目指すは日妖会の主催する、第1回ミニCup。

もちろん土日の食事は大阪ならではの「肉と粉モン!」を腹一杯。
4回目の結婚記念日を兼ねた1泊2日B級グルメの旅も、しっかり満喫してきました。

私たち夫婦のレース結果そのものは13人のうち5位6位と平凡だったが、素晴らしく楽しかった。
久し振りに、10年前のようなフランクな雰囲気の中でレースを楽しむことができた気がします。
ここでの私たちはベテランというよりチャレンジャーだから、むしろ気楽に挑戦し、玉砕し、腹の底から笑えました。



とても本戦中にカメラを回す余裕はありませんでしたが、本戦前の練習風景を少しだけ録っておくことができました。
Sakky'sの皆さん、本当にありがとうございました。

2015年5月30日土曜日

2015.05.05 富士バンディーニBVC訪問

ヒルクライムSSSCでの新しい出会いを楽しんだあとは、よしざわ旅館で一夜を過ごしました。
学生時代のスキー合宿を思い出すような、そんな懐かしい雰囲気の宿屋でした。

翌朝は飯田から中央道で、まず甲府南まで上がります。


そこからは高速を降りて富士に向かって日本列島をちょうど半分ほど横断することになります。
高速を降りてすぐ地元産品の直売所があったので、こういうものを食べてみました。
 もろこし+味噌+まんじゅう、という普段だったら一緒にしないものだが、旅の空気のせいか、なかなか美味しい。

そのあとはひたすらに国道358号線をくだり、

精進湖、富士山原始林や青木ヶ原、国道139号線に替わって本栖湖から朝霧高原を抜けて・・・

高原ドライブで自然を満喫したあと、いよいよ最終目的地のバンディーニに到着です。

さっそく車両選びに精を出す。

5/30(土)には昔懐かしいVanquishレースが企画されているようです。
今どきVanquishを純正デフのまま走らせるような硬派スロッターが、そんなに生き残ってるんですかね。
バンディーニぐらいの老舗でなかったら、レースできるほどの人数を集めるのは不可能でしょう。

私はレース日に来ることはできませんが、せっかく私も純正デフのLola T260を持っていました。
エビス当時、極道スロッターの柳澤さんがデフを調整してくれたので、めっぽう良く走ったものです。

あれから8年ほど、まるっきり触っていなかったが、この日のために倉庫から発掘しておきました。
久し振りに火を入れるなら、どうしてもここを走らせておきたかった。
思い入れというのは、そういうものです。



私たちの時代、Vanquishのデフを殺して普通の直結アクスルで、という発想は全くありませんでした。
そもそもVanquishにデフが無かったら、ただ大柄なだけでツマラナイ鈍重車だと思います。
いや正しく言えば、デフが完調でも走って特別楽しいクルマとは感じませんが。

直結ならよく走ると言っても、それはロング缶のモーター性能だけで走っているようなもの。
だったらVanquishより走って楽しい車など他にいくらでもあるでしょう。

要は何が言いたいか。
そのクルマの命ともいえる部分を交換してしまったら、それは一体何なのか?

たとえばVanquishからデフをとったら、それは完全否定でしょう。
それは「お前は役に立たないから死ね」と言っているようなものです。

私は、モノもヒトも、否定したくない。それなりの長所をみつけて伸ばす努力を惜しみたくない。
そんな前向きな努力の積み重ねが、善き明日、善き人生につながったらいいなと願って生きています。

クルマひとつ、遊び方ひとつ見ただけで、そこにはその人の人生観が現れていると思います。

2015年5月29日金曜日

2015.05.04 飯田ヒルクライムSSSC訪問

岡崎mamesのプラコースを堪能し、岐阜での所用を終えて飯田に向かいます。
遅い時間の到着でしたが、ヒルクライム代表の森下さんと、DJCのマブダチぴいたあそん氏が暖かく迎えてくれました。


飯田のヒルクライムは、現在チームスロットの日本総代理店です。
そのため総代理店に敬意を表して、私も昔のチースロを持っていくことにしました。

南信州スロットカークラブ、略してSSSCの噂はかねがね耳にしていましたがweb上にはあまり情報がありません。
ぴいたあそん氏のY!ブログで断片的な画像が垣間見えるだけで、長いあいだ謎のサーキットでした。

私もいろいろな32サーキットを走ってきましたが、今回ここは丸っきり初めてのコース。
しかも飯田に行ってみてよく分かりましたが、東京方面からそう簡単にアクセスできる距離ではありませんでした。

いくら気に入ったとしても、しょっちゅう気軽に再訪することはできないと思い、だから、この機会を存分に味わい尽くすつもりでした。



やはり信州の血がこういうコースを生むのでしょうか、コント前の長い直線から折り返してアップ&ダウン。
間にローズヘアピンを挟んで、後半は見た目以上にツイスティなコースでした。



私の持っていったのがGr.BカーのアウディS1やGr.Aカーのインテグラーレだったので絵柄がイマイチ。
出発する前の晩に、とりあえず整備なしですぐ走れそうだったのがこのあたりの車だったのです。
もっと前から準備できてたら、エスコートmk2かアルファでも持って行けばよかったかな。
おっとアルファはNC1に交換してしまったか。

東京−大阪往復の道筋から遠く離れた飯田という土地には、再び立ち寄る機会はないだろうと思っていました。
しかし今回、森下さんやぴいたあそん氏と一緒に走ってみて、じんわり伝わってきたものがありました。


彼らと出会い、暖かくストレートな人柄に触れて私の心に何か変化が起こったことは確かです。
またいつか、ここを訪れる機会を作りたいと思いました。

2015年5月26日火曜日

2015.05.04 岡崎スロットカーmames訪問

名古屋で8年振りに合うことができた松阪の友と、一夜限りのセッション。 深く心に刻むことができました。
また会う日まで、人や環境の変化なんかに負けないで、お互いのスロット経験を深めていきましょう。

翌日は昼と夜でスロットサーキット2か所、その途中では岐阜の車屋さんにも立ち寄らなければならない。
まずは最初の目的地、岡崎へと向かいます。

32スロットがやたら充実している東海エリアの中では比較的新しいお店で、ブログを通じて精力的に情報発信しています。
オーナーの前島さんは二輪中心に実車のCustomを手掛けている人です。
そのため周辺カルチャーにも詳しく、スロットカー以外の話をしていても楽しい。




今回の訪問では、奥の部屋に新設されていたプラコースを走り込んでみました。
全域にわたり通電がよいため、余計な心配なくスムーズな走りが楽しめます。



コースレイアウトとスピードレンジを考えると、今回持ち歩いていた中ではNC1クラスの車が一番マッチしていました。
レイアウトは特にコース右側、コークスクリューの落差とヒネリのコンビネーションが非常にソレっぽい感じなのがヨイ。

ラグナセカのコークスクリューをそのままスロットコースで再現すると、難しくも怖くもない単なる下りのS字コーナーになってしまう。

それを伝説のコークスクリューらしいアレンジになっているところが素晴らしい。
こういうのは、やはりセンスと想像力がないと無理でしょう。

各地の色々なサーキットを訪問して、そんな皆さんの知恵や工夫、独創性やセンスを目にすると、驚かされます。
そして、そんなコースを実際に走って味わうことができるのが、何よりも楽しい。

これだから、やめられない。
たかが子供向けのシンプルな玩具遊びだが、まだまだ知らない世界や行ってない場所が沢山あると思います。

このあとは久し振りに、未知のサーキットへ向かいます。

2015年5月24日日曜日

2015.05.03 名古屋スロットカーパーク訪問

関西B級グルメを堪能し、細胞の隅々までリフレッシュ完了。
次なる目的地、名古屋に向かいます。

名古屋で32スロットといえば色々あるのだが、じっくり走るには1軒しか立ち寄る時間がありません。
そんな時、いまの私だったらスロットカーパークに足が向かいます。
旧SW32店長だった法安(ノリヤス)さんが、いつも温かく迎えてくれます。

SW32のレジ前にまだ高辻ラリーコースがあった頃からの付合いだから、ざっと10年。
月日が流れるのは早いものだと、つくづく。

そしてこの日は、さらに予期せぬ懐かしい顔が!そこに待っていました。
本日のサプライズ、松阪エレノアの中山さん。


その昔、SW32で初めて出会ったとき、彼は自作の「悪魔のZ」を走らせていた。
話をしてみると訥々と口をついて出てくる言葉から、彼の誠実な人柄が伝わってきた。

私自身、S30と聞いたら黙っていられないZファンでもあり、たちまち意気投合した。

いつか神戸Curoutoでのランデブーを誓ったが、神戸Curoutoが滅亡した今ではもう、その約束は永遠に果たせない。
私が松阪エレノアを訪問したときやその後のSW32では、すれ違いで会えなかった。

最後に一緒に走ったのは、はるばる恵比寿RPEまで遊びに来てくれた2007年だった。
数えてみたら、それからもう8年も経っていた。改めて驚いたというか何というか。
そして恵比寿RPEも既に滅亡して久しく、今ではクラフトビルさえ、当時の面影は全く残っていない。

しばし会わなかった間の話に花が咲いたあと、折角だから久し振りに一緒に走りたくなった。

自然に、二人ともケースからミウラを出す。
それはAUTOartのツルシのままではなく、満足いく走りのため、お互い独自の方法で手を加えています。

しかしモーターを何に替えたとか替えてないとか、やれホイールだタイヤだ、ゴムだのウレタンだの。
あそこをどうしたココをこうした、何秒で走るだのとは、実際なにひとつ互いに尋ねあうこともなく。

しかし、そこにはテレパシーが介在していたとしか思えません。

大体こんな不人気なAaミウラなんか持ち歩いているスロッターは今どき、いません。
私だって、普段はケースに入れてるはずがないのです。妻の走らせる車がないから。

まして中山さんとは、今日ここで待ち合わせの約束をしてるわけではありませんでした。
今日ここにいることさえ知らなかったのだから、驚きは尚更です。

事前の約束もなく8年ぶりに会って、ただ無口に車をコースに置き、セッションした映像がこれです。



尺は適当につまんだが、元はワンカットの長回し撮影。
撮影はイガ師匠に任せ、二人で走っている様子を適当に撮ってもらいました。

実は走っている間はまるっきり意識もしてなく、気付いていませんでした。
あとで動画を見たら、完全にシンクロしている。
コーナリングのタメ具合までも、まるで一緒にワルツを踊っているようです。

最後はレーンと装備をまるごと、お互いに交換して走ってみる。
まるで、互いに相手のダンスシューズの具合を確かめるように。

だいたいの調子が掴めたら、再び一緒に合わせて踊ってみましょう。
絵柄が中年オヤジ2人なので華麗でも優雅でもないが、気持ちがシンクロしているとこういう走りになります。

気持ちがシンクロしたバトルという走り方もありますが、今回のような伴走は、やはり中山さんの優しい性格から来るものだと思います。

実のところ、車を替えて走ってみると中山さんのオレンジは私のゴールドよりも、かなり速い車でした。
たぶん中山さんは最初の動きだしから一瞬で見抜いて、私に合わせて一緒に走ってくれていたのです。

実車も同じですが、その人の性格は、走りに現れるものです。

2015年5月14日木曜日

2015.04.30 大阪Sakky'sサーキット訪問

ゴールデンウィークを利用して、久し振りの関西B級グルメツアーに出かけました。

私に限らず、関西以外の土地で暮らす関西人というのは不便。
最低でも年に1回は地元の肉と粉をチャージしないと、細胞から大阪成分が抜け切って死んでしまいます。


まあ下の画像と同じように、ご自分の人差し指の厚みを確認してみてほしい。
どれだけ分厚い肉か、お分かりでしょうか。
この焼肉屋は超有名だが別に行列ができるわけでもないし、この肉だって並ロース。


東京はうどん文化でなくそば文化の国だと思っていたが東京にはなかった、あつ山の蕎麦。
かつ丼も甘くない玉子とじ。





こういうのが Soul Food というものなんでしょう。
「懐かしいふるさとの味。これだよこれ!」みたいな次元では、もはやない。

細胞が欲するというか、吸収率が違うというか。

去年から趣味のダイエットを始めて以来、体組成計に毎日のっています。
大阪に着いた瞬間から腹一杯に肉と粉を詰め込んでいるのに、むしろ数値が大幅に好転していました。

関東と関西で、地磁気の違いがこんなに影響するだろうかと心配になるほどの違いです。
東京生まれ東京育ちのイガまで数値が変化していたので、そんなことを考えたのでした。

そして関西に帰ったら当然、摂津のサッキーズにも顔を出します。
その日は営業日ではなかったが、夫婦でお伺いする話をすると、快くコースをopenして下さった。
本業のほうでも大変忙しい人だが、有難いことです。

神戸Curoutoなきあと、関西でああいう雰囲気の32中級テクニカルコースといえば、ここしかないでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------
◆Pink-kar Bugatti
日時: 2015.4.30@大阪Sakky's Collections
車種: Bugatti type 59
仕様: ノーマグ+ウエイト、純正アクスル/ホイール/タイヤ(TRなし)    



スピードの乗り加減とブレーキのタイミング、クロスレーンとコーナーの連続するリズム、そして集電のムラまでも。
ここをジックリ走り込んだ地元レーサー以外では、そう簡単に攻略できないように出来ています。

そこがまた、面白い。
こんな楽しいコースを年に1回2回ぐらいしか訪問できないのだから、18秒未満でイッキに駆け抜けてしまうのは勿体ない。
せっかくのレイアウトを風景と一緒に味わいながら走るには、こんな戦前のレースカーも似合います。


これは2006年当時、RP恵比寿でブガッティパーティが開催されたときの参加車両でした。