2017年9月19日火曜日

2017.08.12〜15 Summer Trip

お盆休みのシーズン、私たち夫婦は神戸に行っておりました。
いつも立ち寄る大阪のサッキーズさんは、大盛況。
イマドキのSNS時代、お店側から継続的に、毎日とにかく情報を発信し続けるというのは本当に重要。
デジタルの世界でも地道な商売努力の積み重ねは、検索結果に効いてくるのです。

私たち夫婦は今回、またしても旅行を存分に楽しみすぎ、ぜんぜん写真を撮っていませんでした。
そんなときでもスロットカーの遊び場だけは、ご友人がしっかり押さえてくれているのは助かります。
自分の代わりに、たとえ僅かな断片であっても他人様が思い出を残して頂けるというのは幸せなこと。
ひたすら遊びに没頭させてくださった皆様にも感謝、感謝です。

8/12(土)の様子は、コチラ。
8/14(月)の様子は、コチラ。

8/15(火)の様子は、コチラ。
 サッキーさんブログ
 amyさんブログ
東京へ戻ると、楽しかった旅行の思い出がすべて人まかせというのもチト後めたい気分。。
大阪に持っていった車両ラインナップの一部ぐらいは・・・と思い、自己撮影しました。

かわいいカラーで人気が高く、今では世界的に在庫僅少で高価になってしまったHertz。
そして銀無地を自家製デカールで仕上げた、どこにも売ってないAtego。初めての記念撮影。
おっと!Hertzの網戸は、このあとちゃんと修理しておきましたよ。

こちら、スケレのバスではありません。昔懐かしき、クルサのレジンバス。
スケレからは出来のよいインジェクションRTRが発売になりましたが、微妙に線が細く、小さめ。
それを見て「ならばモチベがゼロを下回らぬ今のうちに・・・」と自分に鞭打ち、一気に製作。
スペイン製レジンキット華やかなりし時代の遺物。ほんの数年前だが、もはや歴史を感じますなあ。。

あちこちのサーキットで、Uniroyalの白&赤ばかりカブって見分けがつかなくなるFunCup。
仕方ないので、バスで余った塗料と、あり合わせのデカールを使い一晩で塗り替えました。

走らせにくそうなイメージで食わず嫌いだった917/10。
少し手間を掛けるだけで期待以上によく走るところは、スペイン製品ならではの愛されポイント。

RPEで購入した何台目かのデイトナ。RPEが2007閉店だから、もう10年も経ったのですね。
このコンビは同じ棚で上下に並んでいた全く同じ兄弟車。片方のみグリーンに塗り替えました。
なのにグリーンはつい最近まで、1度たりとも白に勝ったことがない、宿命的な超ハズレ車。
スロットカー遊びで、よく見られる悲劇。人生とは、運命のイタズラで成り立っている現実。
悩み苦しみ、何度となく諦め投げ出し放置しては、再びコツコツと調整を続けてきました。
そうやって10年ほど走らせ続けていると、稀に報われることもあります。そして更に愛着が増す。

E30のM3はRPE当時、マグ車レースの激しいシリーズ戦でガチャガチャに全損した放置車両でした。
昨年ですかね、サッキーさんのマルボロ研究車を見掛けて「そういや、うちにもM3あったな」と。
新車を下ろさず、思い出深いジャンク山から10年ぶりに発掘し、ノーマグ車として純正レストア。
そのとき外装も両方、ありあわせのデカールを使って、少しだけ手を加えました。
サッキーズのM3レギュレーションでは、リヤタイヤがN22指定らしく。
地元のレース車両と一緒に流してもらうと、確かに純正タイヤは横グリップに不足を感じる。
でもいいの、長く遊ぶなら純正で。 N22は、いわばヤクだと思ってますから私。

E46のBMWは昔RPEで3台セットの特価品を買い、マグ車ドリフト(笑)を修行していた頃からの愛用。
世界的に不人気なところも気に入っており、数年前にノーマグで純正レストアしたFLYの320です。
走行に差し支えるほど電線が硬い純正ライト基盤は、捨てました。勿体なかったけど。
モーターさえ普通の18kに交換すれば、素直なハンドリングで飽きがこない、BMWらしい車と思います。
泣き所は純正タイヤ接着トゥルーイングがやりにくい、スポークが折れやすく華奢な純正プラホ。
過去何度も回転トルクに負けてハブごとネジ切れ、ゴソッと中心が抜けました。
そのたびにわざわざ海外から純正アクスルなんかを取り寄せるときの敗北感ときたら、それはもう。


これも最近あちこちで初期ロットの水色や白ばかりが増え、カブって区別つかないMG-B。
ほんと大人なんだから、カブったら塗り替えようよ、、と他人に言うだけでは説得力ないので自ら率先。
ある夜、タミヤのエナメルを筆でペタペタ塗りはじめたら手が止まらず、一晩で仕上がりました。
ストライプも落とさないで正真正銘、スケレ純正塗装の上に直接いきなり。
このぐらいのサイズなら筆塗りでも充分かなと。

古いロータスセブンは、大和組のベテランが走らせにくそうにしていたのを見て興味が湧きました。
で、2台を輸入し走ってみたら本当にケータハムとは全然、別物のハンドリング。
さすが背中に背負ったスペアタイヤは、ダテじゃないぜ。これから気長に仕上げていくのが楽しみ。
古めかしく、それでいてセブンらしい走りを模索したい。

世界的に不人気な、AUTOartのスロットカー。
営業サーキットでマトモに走っているAaの996なんか、まったく見かけたことがありません。
私も10年前に買ったときは全然うまく走らせることができず、尻尾を巻いて降参しました。
今年になって腹を決め、再び新車を2台仕入れて、ようやくリベンジを果たすことができました。
もちろん100%純正そのままでは箸にも棒にも掛かりませんが、いまは天国を味わっています。
ギヤの音を除けばFLYの911ほどに気持ちよい走りといえば、分かる人なら驚愕するはず。

そして、よく引き合いに出されるFLYの名作911。
2000年代スロットカーの金字塔といって過言ではない、誰もが認めるエバーグリーン。
ちゃんと仕上げれば、ちゃんとRRらしいハンドリングになるところが驚嘆なのです。
ただ難点はシャーシの寿命というか賞味期限が長くないので、もう何台作ったか憶えていないほど。

同じスペインのメーカーが911をモデルアップしながら、これほど違う解釈なのが面白いNINCO。
バネ付き車両は、呼吸が軽くなるような爽やかで優しい乗り味です。
昔はバネサスを殺してまでスピードを求めたこともあったが、いまは柔らかいバネの軽快さ重視。
白のマルティニは思い入れがあってラリー車らしさを強調したく、純正より更に車高を上げています。
ワイパもエッチングに交換。おもちゃチックな外観のせいで、ぜんぜん気付かれませんけど。
そして、転ばない速度の範囲内で楽しめばよいのです。こういう車でコンマ何秒を攻めたって仕方ないよ。

NINCOの不人気車、ロータスのエクシッジ。これも日本中の営業コースでは、あまり見かけません。
前輪が大きくサンドバギーのような外観があまりにもカッコ悪いので、禁断の幅詰め&インチダウンを敢行。
しかし純正モーターはクイックでもなく、トルクも細めで中途半端。
そういうのがロータスらしい気もするが、Exigeといえば元はスポーツエリーゼの血統。
そう考えると、オモチャとはいえ、この走りではチト寂しい。。
FK130缶というのは、よい代替品がないクラス。気長にアップデート計画を考えます。

最後は、シャーシ&アクスルを3セットぐらい作り直しているFLYのウィリアムズ。
車体は軽く丈夫で、何度コース外に飛び出して床に落下しても意外と無傷でした。
しかしギヤの構造が泣き所で、ナメやすい。リヤアクスル受けも弱点といえますね。
最高の状態が長続きしないため、繊細な調整を繰り返し、調整シロがなくなったらシャーシごと交換。
セッティングが決まっている間の鋭い走りは他の何物にも代え難く、まさにカミソリのよう。
そんな走りが大変気に入っており、フロントウイングが折れたぐらいでは、とても捨てられない。
何度も修理しているが、樹脂成形品は一旦折れると何を使っても元の弾性靱性は戻らぬもの。
仕方なく、フロントウイングがあってもなくてもよかった82年F1のイメージで塗り替えました。
こういうことをやると、日本中のあちこちでフロントウイングのない82年イメージのF1が流行るかもね。

0 件のコメント:

コメントを投稿