2015年5月30日土曜日

2015.05.05 富士バンディーニBVC訪問

ヒルクライムSSSCでの新しい出会いを楽しんだあとは、よしざわ旅館で一夜を過ごしました。
学生時代のスキー合宿を思い出すような、そんな懐かしい雰囲気の宿屋でした。

翌朝は飯田から中央道で、まず甲府南まで上がります。


そこからは高速を降りて富士に向かって日本列島をちょうど半分ほど横断することになります。
高速を降りてすぐ地元産品の直売所があったので、こういうものを食べてみました。
 もろこし+味噌+まんじゅう、という普段だったら一緒にしないものだが、旅の空気のせいか、なかなか美味しい。

そのあとはひたすらに国道358号線をくだり、

精進湖、富士山原始林や青木ヶ原、国道139号線に替わって本栖湖から朝霧高原を抜けて・・・

高原ドライブで自然を満喫したあと、いよいよ最終目的地のバンディーニに到着です。

さっそく車両選びに精を出す。

5/30(土)には昔懐かしいVanquishレースが企画されているようです。
今どきVanquishを純正デフのまま走らせるような硬派スロッターが、そんなに生き残ってるんですかね。
バンディーニぐらいの老舗でなかったら、レースできるほどの人数を集めるのは不可能でしょう。

私はレース日に来ることはできませんが、せっかく私も純正デフのLola T260を持っていました。
エビス当時、極道スロッターの柳澤さんがデフを調整してくれたので、めっぽう良く走ったものです。

あれから8年ほど、まるっきり触っていなかったが、この日のために倉庫から発掘しておきました。
久し振りに火を入れるなら、どうしてもここを走らせておきたかった。
思い入れというのは、そういうものです。



私たちの時代、Vanquishのデフを殺して普通の直結アクスルで、という発想は全くありませんでした。
そもそもVanquishにデフが無かったら、ただ大柄なだけでツマラナイ鈍重車だと思います。
いや正しく言えば、デフが完調でも走って特別楽しいクルマとは感じませんが。

直結ならよく走ると言っても、それはロング缶のモーター性能だけで走っているようなもの。
だったらVanquishより走って楽しい車など他にいくらでもあるでしょう。

要は何が言いたいか。
そのクルマの命ともいえる部分を交換してしまったら、それは一体何なのか?

たとえばVanquishからデフをとったら、それは完全否定でしょう。
それは「お前は役に立たないから死ね」と言っているようなものです。

私は、モノもヒトも、否定したくない。それなりの長所をみつけて伸ばす努力を惜しみたくない。
そんな前向きな努力の積み重ねが、善き明日、善き人生につながったらいいなと願って生きています。

クルマひとつ、遊び方ひとつ見ただけで、そこにはその人の人生観が現れていると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿