2015年5月29日金曜日

2015.05.04 飯田ヒルクライムSSSC訪問

岡崎mamesのプラコースを堪能し、岐阜での所用を終えて飯田に向かいます。
遅い時間の到着でしたが、ヒルクライム代表の森下さんと、DJCのマブダチぴいたあそん氏が暖かく迎えてくれました。


飯田のヒルクライムは、現在チームスロットの日本総代理店です。
そのため総代理店に敬意を表して、私も昔のチースロを持っていくことにしました。

南信州スロットカークラブ、略してSSSCの噂はかねがね耳にしていましたがweb上にはあまり情報がありません。
ぴいたあそん氏のY!ブログで断片的な画像が垣間見えるだけで、長いあいだ謎のサーキットでした。

私もいろいろな32サーキットを走ってきましたが、今回ここは丸っきり初めてのコース。
しかも飯田に行ってみてよく分かりましたが、東京方面からそう簡単にアクセスできる距離ではありませんでした。

いくら気に入ったとしても、しょっちゅう気軽に再訪することはできないと思い、だから、この機会を存分に味わい尽くすつもりでした。



やはり信州の血がこういうコースを生むのでしょうか、コント前の長い直線から折り返してアップ&ダウン。
間にローズヘアピンを挟んで、後半は見た目以上にツイスティなコースでした。



私の持っていったのがGr.BカーのアウディS1やGr.Aカーのインテグラーレだったので絵柄がイマイチ。
出発する前の晩に、とりあえず整備なしですぐ走れそうだったのがこのあたりの車だったのです。
もっと前から準備できてたら、エスコートmk2かアルファでも持って行けばよかったかな。
おっとアルファはNC1に交換してしまったか。

東京−大阪往復の道筋から遠く離れた飯田という土地には、再び立ち寄る機会はないだろうと思っていました。
しかし今回、森下さんやぴいたあそん氏と一緒に走ってみて、じんわり伝わってきたものがありました。


彼らと出会い、暖かくストレートな人柄に触れて私の心に何か変化が起こったことは確かです。
またいつか、ここを訪れる機会を作りたいと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿