2015年5月26日火曜日

2015.05.04 岡崎スロットカーmames訪問

名古屋で8年振りに合うことができた松阪の友と、一夜限りのセッション。 深く心に刻むことができました。
また会う日まで、人や環境の変化なんかに負けないで、お互いのスロット経験を深めていきましょう。

翌日は昼と夜でスロットサーキット2か所、その途中では岐阜の車屋さんにも立ち寄らなければならない。
まずは最初の目的地、岡崎へと向かいます。

32スロットがやたら充実している東海エリアの中では比較的新しいお店で、ブログを通じて精力的に情報発信しています。
オーナーの前島さんは二輪中心に実車のCustomを手掛けている人です。
そのため周辺カルチャーにも詳しく、スロットカー以外の話をしていても楽しい。




今回の訪問では、奥の部屋に新設されていたプラコースを走り込んでみました。
全域にわたり通電がよいため、余計な心配なくスムーズな走りが楽しめます。



コースレイアウトとスピードレンジを考えると、今回持ち歩いていた中ではNC1クラスの車が一番マッチしていました。
レイアウトは特にコース右側、コークスクリューの落差とヒネリのコンビネーションが非常にソレっぽい感じなのがヨイ。

ラグナセカのコークスクリューをそのままスロットコースで再現すると、難しくも怖くもない単なる下りのS字コーナーになってしまう。

それを伝説のコークスクリューらしいアレンジになっているところが素晴らしい。
こういうのは、やはりセンスと想像力がないと無理でしょう。

各地の色々なサーキットを訪問して、そんな皆さんの知恵や工夫、独創性やセンスを目にすると、驚かされます。
そして、そんなコースを実際に走って味わうことができるのが、何よりも楽しい。

これだから、やめられない。
たかが子供向けのシンプルな玩具遊びだが、まだまだ知らない世界や行ってない場所が沢山あると思います。

このあとは久し振りに、未知のサーキットへ向かいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿