2014年12月31日水曜日

2014.12 今年の走り納め

今年は暮れまで飽きもせず、夫婦でストック&ノーマグノーウエイトのカレラF1を走らせていました。

このクルマは今まで培ったレーステクニックを総動員しても、これ以上ないというぐらい走らせにくい。
しかし、それは元々の設計がそうなっているので仕方ないことです。

それでもストックで走らせたいのだから、そこだけは購入する前から諦めて覚悟しています。



何故そんなことをやって、遊んでいるのか。
あちこち行ってはこんな不人気車を走らせていると、やはりよく質問されます。

いつも上手く説明できないが「これを走らせたいから、走らせている」としか言いようがない。
好きだから好き、と言ってるのと同じことです。

女性でもクルマでも趣味でも同じで、好きになった理由など他人に分からせようと力説すればするほど、
だんだん恥ずかしい話になっていくものです。
分かる人は聞かなくても想像つくし、想像つかない人に力説するのは無駄以外の何物でもない。

あなたが見ていてもし何かを感じたとしたら、理由は勝手に想像してもらえば、それでよいと思います。
この歳になっても、他人のことを「本当に理解した」と言い切れるほどの正解などないのですから。

しかし、いくら走りにくいと言ってもホイールやタイヤ、ガイドやモーター、ギヤなどを交換したり改造して、
もっと走りやすくしたいとか速くしたいとか、そういうのは私が今やりたいこととは全く別の遊びです。

言いたいのは、本来そんな車がやりたかったら、Slot-itかNSRがあるでしょう。
カレラみたいな子供の玩具を改造してわざわざ出来の悪いSlot-itモドキやNSRモドキみたいな奇形を
造る必要はないし、それではカレラだって可哀想だと思います。

実際のスピードが遅くても、いいんです。
私たち夫婦の頭の中では時速300キロを超えてるから。

コースだって部分によってUKシルバーストーンだったりTXオースティンだったり、脳内で合成された風景が見えているんです。

スロットカーは極めてバーチャルなゴッコ遊びだと思っています。
いわばプロジェクションマッピングみたいなもの。

1/32のミニカーとコースに、知識と経験と思い入れで補正をかけた脳内イメージを投影できる人でないと、
実際のスピードに関係なくノーマル玩具でゴッコ遊びを楽しむなんてことは不可能だと思います。

あくまで個人の見解です。