2014年10月17日金曜日

2014.10 秋の日帰り旅行

群馬のホビーショップTOSCO、関越道の沼田インターから程近く、わりと分かりやすい場所にありました。
地図で沼田高校を目指していくと、ちょうどその向かいにある建物の2階です
2014年に新しくオープンしたお店と聞いたが、既に常連さんも定着しているようでした。

中には早くも、改造FF車に挑戦している方がいたり。
まあ誰もが一度は通る道ですねこれは。

作ってみればFF車というものへの理解が深まることと思います。そして実車とオモチャの違いもよく分かるはずです
実車では世界中でFF全盛なのに、なんでスロットカーでFF車は成功しないのかということが。

何でも実際にやってみて考えることにより、単なる知識が血肉をともなって理解できると思います。
同じように32スロットカーを始めたばかりの頃の自分を思い出し、微笑ましく感じました。

コントはデジタルが主流らしく、比較的高価な京商の無線コントも、既に普通に使われていました
しばらく様子を見て、レーン空いた時間帯でコースデビュー。最初はクセのない旧車で様子をみます

まずは自作系のハコスカGTR240Zで、路面の状態をチェック。
なるほど、いい感じのコースだな。。
しかし、もうちょっと速い車の方がコーナーの特性を探れそうかな・・・などと考え事をしながら

そして何気なく、ずっとケースに入れっ放しのNSRアバルト手に取ってみました。
酒々井SRCでも思い出したときに時々走ってみる程度の車ですが、走るたびに「そろそろメンテだな」と思う1台。
しかしハズレ車ゆえにイマイチ愛着が湧かず、いつも放りっぱなしの車でした。


数周ほど走ってみて、やはりどこで走っても同じように気持ちよくならないクルマだなと再確認。
アバルトから別の車に交代しようと思ったその瞬間。

おお、アバルトなら皆んな持ってますよ。レースやろう!」と声が掛かる・・・・・

・・・・・まあ好きでもないクルマを、頼まれもしないのに自分から出して走らせていたのだから、仕方ありません。

地元レーサー側からすれば、わざわざやって来た私たちがどれほどの腕かと、興味津々で見ていたことと思います。
そういう、目を皿にして様子見をしている時間帯に出してきたクルマがこれでしょう。
ハタから見たら、私がアバルトを気に入っていて自信もあるのだろうと思われて当然。

スロットカー遠征では常に、いきなり始まる他流試合への心構えが必要なものです。
お声が掛かった以上は、相手の仕様をあれこれ尋ねたり、言い訳をして逃げるのは失礼にあたる。
まずは黙ってありがたく一緒に遊んでいただくのが筋です。
しかるのち、どんな仕様かとかどんな経験を積んできたのか、などと話が弾むかどうかは戦い方と相手の
負けず嫌い具合と懐の深い浅いにより様々だと思います。

それなりにスパーリングのお相手ができたと思いますが、久し振りに大汗と冷や汗をかいて、爽快感たっぷり。
トスコの皆さん、ありがとうございました。

そのあとスケレBMWミニ、FLYGr.5とかクラシックFunCupビートル、SCXモーガン、NSUやらセブンまで色々走らせました。
そして、最近気に入ってあちこちで走らせているカレラのDTMF1も、やはりここで走らせたい。

今回DTMではなく、できればF1の動画を撮りたいと思っていました。
群テレ取材のトスコYoutube動画を見たときから、気分はすっかりF1バレンシアか、ソチか、ってな具合。

しかし、カレラF1で走り始めると、またしてもギャラリーに何やらザワメキが。。
背後から、ポツリと声が掛かった。
「それって、RBなにでしたっけ?」

むむっ、デキる。そして、よく見ている。
今のF1をよく知らない人にはサッパリ分からんだろうけど。

カレラはスケレと違ってF1をちゃんと年式違いフォルム違いでモデルアップしています。
そしてフェラーリとレッドブルだけは毎年、前シーズンの型遅れで20111213年式と出ています。
RBとはレッドブルのことで、各年式の型式名がRB789です。

つまり、今走らせてるのはいつの年式のカレラF1レッドブルかと質問しているのです。
私が走らせている最新フェラーリのF138でなく、イガ師匠RB9質問なのは、残念でしたが。

振り向くと、メガネの向こうの眼光キラリと鋭いひとりの男。
それをキッカケに、他数名の男達にも取り囲まれ、質問責めにあう。

なるべく分かりやすく答える努力をしました。

 ・ 私たち夫婦は、2007年頃から新旧様々なメーカーのF1をノーマグで走らせてきたこと
 ・ 今年はノーマグノーウエイト、純正アクスル純正タイヤが、自分縛りのテーマであること
 ・ ハズレない車づくりの追求よりは、ハズさない走り方のほうに、興味が引かれるということ。
 ・ 削ろうと削るまいと、タイヤができるまでには、やはり相当量の走り込みが必要であること

すると、また驚かされた!

まず、そこにいた地元のメンバーさん。
事前に約束していたわけでもないのに、3人もカレラF1を持ち歩いてるだけで充分な驚きでしたが。

F1といえばモータースポーツ世界のトップカテゴリーですからね。実際の車両自体も、かなり特殊。
ちょっと腕に覚えがあるぐらいな一般人では発進できないかコースで即スピンするような車です。

だから元がいくら子供のオモチャとはいえ、スロットカーのほうだって、おいそれと初心者でも楽に走れるようでは情けない。
たとえ遅かろうと、走らせるのさえ思いっきり難しいぐらいがゴッコ的には達成感あるだろうと思います。

「なので私が目指しているのは日本で一番キビシイ、カテゴリーです」という言葉に火が付いたか。
それで諦めるかと思ったら、やおら皆さん磁石をはずし始めました

なんという男たちだろう! こんな話の早い連中は、初めてです
見ていると、何周かいろいろトライしてみて、早くもタイヤを削り始めたカンのいい人もいます。

やたら気楽にトバしている車も1台ありましたが、たぶん磁石が2箇所あることを知らず、アクスル下の1個がまだ残っているのでしょう。
タイヤも調整してないノーマグカレラがウエイトも乗せないで最初からそんなに走りがよいというのは、大体そのパターンです。
本当に磁石を全部はずしたら、そんな気軽で簡単に走れるような甘いシロモノでは決してないのです。

しかし、ここで私があんまり厳密に目くじら立てて、せっかくのノーマグ気分に水を差すのは野暮というもの。
いつか周りの気付いてるメンバーさんが、やんわり教えてあげればよいだけのことだと思い、黙っていました。

まずは皆んなでワイワイ遊んで、わざわざキビシイ車を作って走らせる面白さを知ってもらいたい。

トスコ皆さんは、なかなか楽しませてくれますね
そのあたりを、動画に撮ってみました。その場の楽しさが少しでも、伝わればいいな
---------------------------------------------------------------------------------
◆カレラF1
日時: 2014.10.12@沼田TOSCO
車種: Ferrari F138、RedBull RB9、ほか
仕様: ノーマグ、ノーウエイト、純正プラホ+純正ラバー接着TR(2)、ほか