2014年5月26日月曜日

先週のNbF。

日時: 2014.05.24@千葉SRC
車種: Porsche 917K, 908スパイダー
仕様: ノーマグ、ノーウエイト、純正プラホ+さかシリ(1)、純正プラホ+純正ラバー接着TR(1)。

今回イガ師匠には、カメラマンをやってもらいました。
私は生まれて初めて、MacBookProのiMovieを起動してみました。
いままでiPhotoすら使ってない原始人だったのに。。。

いまのSRCは、こんな感じのサーキットです。

     

広いサーキットなのでスピードが分かりにくいかもしれませんが、これでも直線ではモーターが完全に吹け切っています。
ガードレールの少ない平面的なレイアウトのおかげで、大変のびのびとした走りを楽しむことができます。

あとはせめてコースの台に鮮やかなグリーンのカーペットだけでも敷き詰めてくれたら、言うことないのだが、まあ他人所有の個人サーキットですからね。
他人が用意してくれたものが、何から何まで理想的ということは、まずないものです。



スロットカーの動画を撮り始めたが、しばらくは修行が必要そうです。
youtubeにチャンネルを作ってみました。

https://www.youtube.com/user/NightbirdsFly/videos

2014年5月23日金曜日

先週のイガ師匠。


日時: 2014.05.17@千葉SRC
車種: Porsche 911【FLY】
仕様: ノーマグ、ノーウエイト、純正プラホに純正ゴムタイヤを接着してトゥルーイング。
 


いや、よく考えたら100%完全にノーウエイトとは言えません。
RRの911には発進時のノーズアップ緩和のため、ガイドポストとフロントアクスルの間に小さいウエイトを乗せました。

リヤのトラクションを稼ぐためのウエイトではないため勘定に入れていませんでしたが、100%完全なノーウエイトではないことを、ここにお断りしておきます。

2014年5月13日火曜日

第二章、始まる。

2013年の冬から、千葉は酒々井のSRCというプライベートサーキットで走っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/r35z33nismo

SRCはショップではなく個人が趣味で主催しているクラブサーキットなので「一見さんお断り」ということのようです。上記Y!ブログからオーナーさんに直接連絡を取ってみるのがよいでしょう。
---------------------------------------------------------------

SRCはカレラの広大なサーキットです。

いままで私はカレラのコースを走っても、特別に気持ちよいとかいう印象は全然ありませんでしたが、SRCで走り始めてから認識が大きく変わりました。

とにかくここは、走りやすいことが何よりも素晴らしいと思いました。

走るための環境として、ガイドがひっかかったりつまずいたり予期せぬ前転や横っ跳びなどしないで、ウッドコースとほぼ同じような快適さで気持ちよく車を走らせることができる、という意味です。

巨大なサーキットで車の性能をフルに出しきって思いっきり走りを堪能できる、そのこと自体の爽快感があります。
しかしコーナーをギリギリまで攻める難しさは、環境的な走りやすさとはまったく別の次元の話。

総延長は約60m。決してタイトに詰め込んだインフィールドではなくこの長さがあるので、かなり大きなコースです。
20〜25Kクラスのモーターでも吹けきる10m程度の長いストレートが奥に2本あり、ジャンピングスポットやシケイン、スネークのRがほどよく連続するリズムがよい。

(※このphotoは旧レイアウトです。現在は上記説明のようなレイアウトになっているのです。)

いままで大嫌いだったスネークが、ここSRCでは気持ちよいリズムを生んでいる。
ここで練習したおかげで、5/10@BANDINIのスネークも楽しむことができました。
さんざん抜けて苦しんだけど、それとは別の次元で楽しかった。。
あれは、変拍子なんですかね。

SRCを走るなら、たいていのクルマはノーマグ&ノーウエイトで充分。
もちろんノーマルホイール&タイヤであればトゥルーイングが非常に有効です。

昔からカレラコースにはIndyをはじめとするシリコン系タイヤが相性よいが、スケレやFLYの純正ゴムもかなりイケます。
私はシリコンよりは、こっち派。
去年末にタイヤトゥルアーを手に入れてからは特に、FLYの純正ゴムのポテンシャルには正直、ものすごく驚いています。

今は亡き「さかシリ」に負けてないどころか勝っている、と言ったらどれほどスゴイことか、分かる人には分かるのではないでしょうか。

もちろん誰もが簡単に、とは言いません。さかシリ級の超グリップタイヤに勝とうと思ったら常に、ちょっとしたコツが必要です。
さかシリを知っている人も減ってきましたが、今で言えばMaxxTrac級ということです。
---------------------------------------------------------------

ある日そんなSRCでFLYトラックを走らせて遊んでいたら、とうとう私の9年物SISUの、フロントホイールのハブが粉々に砕けてしまいました。

今までマスキングテープや糸でぐるぐる巻きにして瞬着で固めたりしながら修理し続けてきましたが、とうとう粉になってしまってはお手上げ。

長年使ってきたこのホイールに合わせてアタリの出てきたタイヤも諦めて、パーツ交換します。
ヤフオクで探してみたら、ootayaさんにありました。SISUのフロントアクスル。

その取引連絡では太田親分から「久しぶり!こんど5/10にバンディーニサーキットとして再出発レースをやるから、よかったら来てよ」とのお誘いが。。

いただいたFBアドレスを覗いてみると、元々Bandini路面店だったほうをサーキットにして、その名もBANDINI VECCHIO CORSO、だって。。
https://www.facebook.com/BVC.AVANTIME?fref=photo

新たに再出発するサーキットの名前を、わざわざ「オールドコース」とはね!
32スロットの老舗Bandini以外では、なかなかこれは名乗れないよなあ。。
しかし、そこには太田親分の意気込みもやはり、あったのではないか。

そう思ったら、確かめずにはいられなくなった。
待ってろよ、富士山!
---------------------------------------------------------------

大変お日柄の良かった5/10(土)、SRCの鈴木オーナーと一緒に聖地へ行ってきました。
浦安で待ち合わせて、鈴木オーナーのファーストクラス・プライベートジェット4輪にて。
道中、オーナーいち押しのYAZAWAライブDVDを爆音で鑑賞しつつ。あっという間に2時間ほどで到着。


さっそくコースを検分する二人。
「ふんふん、なるほど。。1コーナーは意外とスンナリ鼻が入ってくれそうだな・・」
「お、ここのスネークは見た目と違って一筋縄ではいかなそうだぞ・・」


とりあえず普段のパーマ3ピンコントがブレーキ無し2ピンで使えることが分かりホッとする。
この時点では通電確認程度でまだコースを攻めておらず、全員こんな余裕の表情が。

さて、走らせてみるか。どれどれ・・・。

板「あちゃー!あんなところでもハズレるぞ。。」
鈴「しまった!また、やっちゃったー。。。」

だんだん笑顔が消えていく二人。

すっかり真剣モード。

追いかける!

こんな感じで。
LINE動画は、画質がえらい荒いですね。赤が私、白が鈴木さん。
video


しかし、キビシー!
こっちは普通の携帯カメラ動画。
Bandiniはブレーキ回路がないので、長い直線でいい気になって調子に乗っていると1コーナー、いきなりのヘアピン突っ込みは恐怖以外の何物でもありません。
video

コース脇にはピックアップ用のマジックハンドがあった。
間違いなく、これの出番があるな。。
・・・うっ、掴んだらそのままロックしやがったっ!
このタイプは確かグリップの上にスライドロックがあってね、たまにロック側になってたりすると握ったときに・・・・何っ、スライド部品がそもそも無いだとっ!
(ちゃんとひらいて戻しておきましたよ)

いくら真剣な顔をしたって、ちょっと流してみた程度ではとても攻略できそうにありません。

これはもう、お手上げやでっっ!
いっそ悪あがきは、ヤメじゃい!

そんなことより、せっかくの聖地訪問だからコースの記念撮影しておこう。





だいぶ陽も傾いてきたな。。
腹へってきた、なんか食べにいきましょう。
はま寿司で腹を膨らませたあとは、お茶をしに一路、近所のアピタにミスドを発見し、向かう。

さて、そのあと約束の20時までは、あっという間。
いよいよ、新生Bandiniの2014年シリーズ第一戦が始まる時間だ。

AVANTIME 2014 Round.1「70’s LEMAN」
レースディレクターは、べるらん大佐さん。

まずはエントリー順で予選開始。太田親分が1番手。
うっかり2番手は私。
なーんも考えてないでエントリーフィー忘れないうちにと早めに払ったら私、イガ、鈴木さんの順でいきなり千葉SRCチームが続いてしまった。
ま往々にして、よくあることです。心の準備ができてないのに本番が始まってしまう、なんてことは。

予選後は、レース開始前に参加車両のラインナップ撮影タイム。
見よ、聖地に相応しきこの壮観!


キッカケはSISUのフロントホイールが砕けたタイミングが良かっただけとはいえ、たまたま新生Bandiniの第二章、その最初のレースにいま私が一番大切に思っている二人と一緒に立ち会えたことは、やはりスロットの神がいるのかと感じることがあります。

Bandiniの皆さんとのレースは、非常に素晴らしかったと思います。
一緒にレースを走ったときも、マーシャルをしているときも、楽しい思い出になりました。

他所の年間シリーズ戦をジャマしているのだという緊張感は全くなく、ただただ攻略が難しいコースに対する緊張感だけを感じていました。
自分で走っているときは毎周回が自分との戦いでしたが、その課題は最後まで克服できないまま、あっという間に私のAメイン120周レースは終わってしまいました。

本当に、素直でないコースだ。
だからこそ、燃える。
難しければ難しいほど、克服できた時の達成感はさぞ大きいことだろう。

それでこそ、聖地Bandini。
男が挑む山は、峻険であればあるほど、よいのだ。
そんな気分にさせるコース、他にはちょっと見当たらない。